介護専門家が答えるQ&A

介護専門家が答えるQ&A

親が老人ホームに入ったら?実家を売却する時期や税金について

高齢の親がいる方にとって、決して他人事ではないのが「老人ホームの利用」です。自分で介護ができない場合、親には老人ホームで過ごしてもらう必要があります。
しかし、もし親が老人ホームに入所したら、問題となるのが「実家」でしょう。実家がある限りは固定資産税や管理費など様々な出費が重なってしまいます。
そこで、今回は親が老人ホームに入所した場合の、「実家の売却タイミング」と「税金」について解説します。

いいケアネットに相談して入居すると
20万円もらえる可能性があるからお得!

施設探しならいいケアネットが断然オススメ。
いいケアネットに相談、見学予約をしてそのまま入居を決められた方は、最大20万円のお祝い(支度)金がもらえます。
老人ホーム・有料老人ホーム・介護施設・高齢者向け住宅を探すなら業界トップクラスのお祝い(支度)金がもらえる、いいケアネットへぜひご相談ください。

実家の売却方法

そもそも、実家を売却するにあたり、どのように売却すれば良いのか分からない…と悩んでいる方は少なくありません。まずは、実家の売却方法について見ていきましょう。

子供が代理で手続き

親が老人ホームに入所するとはいえ、元気なのであれば子供が代理で手続きすれば問題ありません。委任状や印鑑証明書、親及び子供の本人確認書類を準備して手続きを行いましょう。
ただし、あくまでも「代理人」としての手続きになりますので、実家を売却する際には親の了承を得る必要があります。
なお、委任状には不動産の詳細を記載するのはもちろんのこと、権限についても明確にまとめなければなりません。権限が曖昧ですと、売却時や売却後のトラブルを招くことになってしまいますので注意しましょう。

成年後見人制度の利用

親が認知症であったり、何らかの障害によってコミュニケーションを図ることが難しい場合には、成年後見人制度を利用してください。
なぜなら、親が認知症などで正常な判断ができない場合、委任状を作成しても無効となってしまうからです。
家庭裁判所にて成年後見人を選定してもらえますので、近くの家庭裁判所に申し立てを行ったうえで、売却の手続きを進めていきましょう。

実家を売却する際のポイント

実家を売却するにあたり、いくつかポイントがあります。「売却するんじゃなかった」と後悔したり、「売却で損した」とトラブルにならないためにも、ここからの内容をご確認ください。

親が出所する可能性を考える

親が老人ホームに入所したのを機に、実家を売却しようと考えているのであれば、その前に「親が出所する可能性はないか」を考える必要があります。
実は、一度老人ホームに入所したものの、様々な理由から出所するケースは多いです。例えば「施設が合わなかった」「家族が介護をできる状況になった(退職など)」「ホームヘルパーの方が合っていた」などの理由が挙げられるでしょう。
親が出所したときに、すでに実家が無ければ新たに居住地を探さなければなりませんので、とても大きな手間となってしまいます。
そのため、実家を売却する際には、必ず「出所する可能性はないか」を考えることが大切です。

売却時の税金をあらかじめ理解する

実家を売却する際には、売却時に発生する税金をあらかじめ理解しておく必要があります。
後述しますが、不動産の売却には税金が発生します。そのため、売却したときに得たお金が全て自分の手元に入ってくるわけではありません。
税金の存在を知っておかないと「思ったよりも手元に入るお金が少なかった」といった事態に陥ってしまいますので注意しましょう。

実家を売却する際の税金

実家を売却するにあたり、気を付けなければならないのが「税金」です。
実家を一度相続してから売却すると「相続税」と「所得税」が発生します。2つの税金を支払わなければなりませんので注意してください。
ちなみに、親が老人ホームに入所する際、実家を相続しないまま売却すると、相続税の支払いが不要です。そのため、お得に実家を売却したいのであれば、相続前に売却することをおすすめします。

実家を早めに売却するメリット

実家を売却するにあたり、「早めの売却」は様々なメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

老人ホームの資金に充てられる

早めに実家を売却すれば、得た資金を老人ホームのためのお金として充てることができます。
老人ホームの利用は決して安価ではありません。親がすでに老人ホームの利用料を確保している場合は安心ですが、そうでない場合は実家の売却資金が必要です。

管理の手間がなくなる

実家を売却することで、建物などの管理の手間がなくなります。働いている方であれば、仕事をしながら実家を管理するのは大変でしょう。
売却することで、郵便物のチェックや老朽化の改善、手入れなどが不要になりますのでおすすめです。

固定資産税の負担がなくなる

実家を売却すると、固定資産税の支払いがなくなります。固定資産税は、仮に実家に誰も住んでいなくても支払わなければならない税金です。自分が実家に住んでいない場合、誰もいない実家の固定資産税を支払うのは無駄といえるでしょう。
固定資産税の負担は大きいので、親が老人ホームに入所するのであれば早めに実家を売却することをおすすめします。

おわりに

今回は、親が老人ホームに入所した場合の、実家の売却について解説しました。
実家を残し続ける、という選択をする方もいますが、税金などの金銭的負担や、管理の手間などが発生しますので、早めの売却がおすすめです。
現在、親の入所を控えている方や、実家が空き家状態になっている方は、これを機に「売却」を検討してみてはいかがでしょうか。

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

合わせて読みたい関連記事

都道府県・予算で有料老人ホーム、介護施設を探す

老人ホームや有料老人ホーム、その他介護施設など、
高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介しています。
地図からご希望の地域を複数検索したり、予算からでも検索する
ことができます。

月額費用 ※食事代含む
  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A