介護専門家が答えるQ&A

介護専門家が答えるQ&A

知らないと怖い!?正しい口腔ケアの方法をご存知ですか?

 

 

 

 

 

前回、口腔内を清潔に保つことは、摂食・嚥下障害による誤嚥性肺炎の予防になることをお伝えしました。

さらに、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、認知症など全身の病気に深く関係していることが、最新の研究で明らかになってきたそうです。

今回は、健康維持に欠かせない口腔ケアについてより詳しくお伝えしていきます!

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

口の中は菌にとって快適な場所

 

口は食べ物の入り口なので、常に栄養が豊富であり、常に唾液で濡れていることから、

微生物にとって快適な場所といえます。

ひとたび、口腔の清掃を怠たると、悪玉菌ともいえる病原性の高い微生物の数が一気に増えます。

これらの悪玉菌は、抵抗力が弱まった時に重大な病気を引き起こします。

 

 

 

 

 

口腔ケアに必要なポイントは2つです

 

 

    1. 1.細菌の塊であるバイオフィルムを破壊する。

 

  1. 2.破壊したバイオフィルムを除去する。

 

 

 

 

1.バイオフィルムの破壊とは? 

 

 

細菌の塊であるバイオフィルムは、強い粘着性を持って歯や義歯、口腔粘膜に付着しています。

このバイオフィルムの破壊には、歯ブラシや、スポンジブラシ、ガーゼなどを用います。

バイオフィルムの破壊には、物理的な破壊をすることが必要で、うがいでは破壊することはできません

 

 

 

2.破壊したバイオフィルムの除去とは?

 

 

壊されたバイオフィルムはバラバラになり、多くは口の中に落ち唾液に溶け込みます。

うがいをすることで、唾液や口の中に落ちたバイオフィルムは排出されます。

しかし、うがいができないなど、破壊後の回収除去が不十分だと、肺炎予防のため口腔ケアをすることが、

反対に肺炎を発症するといった「口腔ケア関連性肺炎」を引き起こしてしまいます。よって、

破壊したバイオフィルムが喉の奥に落ち込まないよう気を付け、速やかに口腔外に排出させる必要

があります。

 

 

 

 

 

 

口腔ケア関連性肺炎を引き起こさないために

 

 

 

1.多くの水や洗浄剤を使用しない

嚥下機能が低下すると、口の中に水をためていることが苦手になります。

口腔ケアを行う時に、水分の多いスポンジブラシや綿棒を使用したり、洗浄のため多くの水や

洗浄剤を使用すると、水分がのどに落ち込み、そのまま、誤嚥してしまう恐れがあります。

 

 

2.頸部を前屈させて咽頭に流入しないように配慮する

 

頸部を前屈すなわち、顎を引く姿勢は、口の中に水をためていられやすい姿勢です。

この姿勢によりのどの中に汚れた水を落とし込まないようにします。

 

 

3.しっかり歯ブラシを洗いながら、ふき取りながらケアをする。

 

歯ブラシやスポンジブラシには、口腔ケアの過程で多くの汚れが付着します。

それをコップに入れた水などでしっかりとすすぐことで、なるべくきれいにして口に戻すようにし

ます。 歯ブラシをある程度したら、口腔ケア用のウェットテッシュなどで、丁寧に粘膜をふき取り

ながら口腔ケアを行うことも重要です。

 

引用:テーマパーク8020 https://www.jda.or.jp/park/dentistwork/carerecipients.html

 

 

 

 

口腔ケア用品の種類

 

 

うがいができない方に使いやすい、ジェルで汚れを軟化させて、スポンジブラシなどで汚れをから

めとる「水を使わない口腔ケア」用品も発売されています。

 

他にも、口腔ケア用品はたくさん発売されていますので、リハビリ科の言語聴覚士に相談したり、

訪問歯科を利用しお口の状態を診てもらい、個人にあった口腔ケア方法を教えてもらいましょう

 

 

 

 

 

 

 

いいケアネットでは、全て無料で、老人ホーム選びのご相談を承りお手伝いをさせていただきます。

 

お電話で、あるいは相談するページから、または資料請求ページからお問合せください。親切丁寧にご入居までサポート致します。

 

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A
  • 難聴の段階と種類について

    「耳が聞こえにくい」「物音の聞き取りが難しい」など、度合いに関わらず難聴に悩まされている方はいます。 日常生活を送るうえで「聞こえにくい」「聞こえない」といった状態は不便であるもの。なるべくなら発症したくない症状...

  • 血液透析か?腹膜透析か?人工透析の種類と特徴

    年を重ねると、体に様々な不調が生じるもの。中でも、高齢者の内蔵のトラブルは非常に多いといわれています。 こうした内蔵のトラブルを改善するための処置として「人工透析」が行われることがあります。しかし、この人工透析に...

  • 高齢者とその家族をサポートする地域包括支援センターとは

    高齢者とその家族の暮らしをサポート!「地域包括支援センター」とは? "高齢者やその家族の暮らしをサポートする機関として、日本には「地域包括支援センター」が設置されているのをご存知でしょうか。 超高齢社会と言われる現代...

  • 介護食とどう違う?「スマイルケア食」をご存知ですか?

    農林水産省は、介護食品を下記3つに整理し、それぞれの方の状態に応じた「新しい介護食品」の選択をできるようにしました マークを設け、愛称を「スマイルケア食」としています。       ...

  • 介護予防になる!?~香りと脳の関係~

    皆さんは、ふっと漂ってきた特定の香りに、昔の体験や気持ちがよみがえってきたことはありませんか? 人間が持つ、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のいわゆる五感の中で、 「嗅覚」は唯一、情動(感情の動き)に...