初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームとは 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームとは 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

有料老人ホームとは、老人福祉法第29条において、「老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であつて厚生労働省令で定めるものの供与をする事業を行う施設であつて、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないもの」 のことをいいます。

有料老人ホームの類型及び表示事項

有料老人ホームにも種類があり、入居者の健康状態・提供するサービスの内容についての区分けもあります。
これは入居者が健康であるか、介護が必要か、またその介護はどういう形態なのかにより、厚生労働省が下記の3つに分類しています。

類型 類型の説明
介護付有料老人ホーム
(一般型特定施設入居者生活介護)
介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設をいう。
介護が必要となっても、当該有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら当該有料老人ホームの居室で生活を継続することができる。
(介護サービスは、有料老人ホームの職員が提供する。特定施設入居者生活介護の指定を受けていない有料老人ホームについては、介護付きと表示することができない。)
介護付有料老人ホーム
(外部サービス利用型
特定施設入居者生活介護)
介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設をいう。
介護が必要となっても、当該有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら当該有料老人ホームの居室で生活を継続することができる。
(有料老人ホームの職員が安否確認、計画作成等を実施し、介護サービスは委託先の介護サービス事務所が提供する。特定施設入居者生活介護の指定を受けていない有料老人ホームについては介護付きと表示することができない。)
住宅型有料老人ホーム (注) 生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設をいう。
介護が必要となった場合、入居者自信の選択により、地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら当該有料老人ホームでの生活を継続することができる。
健康型有料老人ホーム (注) 食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設をいう。
介護が必要となった場合には、契約を解除し、退去しなければならない。

介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)

日ごろ接しているホームスタッフが介護を行ったり、24時間ケアスタッフがいるという点で、安心感を持つ傾向があるようです。
ただし、ホームによってサービス料金のとらえ方は異なりますので注意が必要です。
(例えば、駅や病院までの送迎では時間や距離によって料金が設定されている場合もあります)
また、介護が必要になると専用の場所(介護棟など)に移動しなければならないホームもあります。

広い居室が気に入って高い費用を払って契約したものの、
入居後まもなく要介護になり、狭い介護専用居室に移らなければならなくなったとという話もあります。

このように一口に「介護付」といってもホームによって違いがありますので、
「介護付=介護になっても安心」と思わず、「介護が必要になったら?」という視点も忘れないでください。

住宅型有料老人ホーム

介護付と違い、介護サービスは外部の在宅サービス事業者を利用しますので、基本的にはサービス提供先を選ぶことができます。
この点は「介護付」と比べ、サービス提供先に不満があれば変更できるので、選択肢は広いと言えます。

しかし在宅ですので、ご自宅で介護を受けている状況は変わらず、介護度が重くなるほど費用負担は増えていきます。
進行性の疾病を抱えている場合は、最終的にはどれくらいの費用負担になるかについても試算しておくとよいでしょう。

健康型有料老人ホーム

一般的に、介護サービスを提供していない「健康型」は費用が安い傾向があります。入居者全員がお元気な方ばかりというのも特徴です。

しかし、介護が必要になった場合には、退居しなければならないので、
「もし、万が一介護が必要になったら」という可能性については考えておきましょう。

初めての高齢者施設ガイド

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A
  • 介護食とどう違う?「スマイルケア食」をご存知ですか?

    農林水産省は、介護食品を下記3つに整理し、それぞれの方の状態に応じた「新しい介護食品」の選択をできるようにしました マークを設け、愛称を「スマイルケア食」としています。       ...

  • 介護予防になる!?~香りと脳の関係~

    皆さんは、ふっと漂ってきた特定の香りに、昔の体験や気持ちがよみがえってきたことはありませんか? 人間が持つ、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のいわゆる五感の中で、 「嗅覚」は唯一、情動(感情の動き)に...

  • 知らないと怖い!?正しい口腔ケアの方法をご存知ですか?

    前回、口腔内を清潔に保つことは、摂食・嚥下障害による誤嚥性肺炎の予防になることをお伝えしました。 さらに、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、認知症など全身の病気に深く関係していることが、最新の研究で...

  • 高齢者の肺炎予防のために~飲み込む力をつけるには~

    前回、「肺炎患者の約7割が75歳以上の高齢者。また、高齢者の肺炎のうち、7割以上が誤嚥性肺炎」と報告されている(※1)とお伝えしました。 高齢者の肺炎を予防するには、誤嚥を予防することが大切です。 ...

  • 肺炎と風邪は違うの?予防できる?~高齢者に多い肺炎~

    風邪だと思っていたら、だんだん呼吸が苦しくなってきた。 高熱はでていないのに肺炎だった・・・。 今回は、高齢者は症状がでにくく、重症化の恐れがある「肺炎」についてお伝えします。 目次 肺炎...