• HOME
  • 新着情報
  • 【ご入居事例】厚労省から介護施設での受動喫煙対策の修正案「原則禁煙」

新着情報詳細

新着情報詳細

2018-02-28_09h40_59

2018年1月30日厚生労働省より、受動喫煙を防ぐ対策の修正案が公表されました。

 

今回の修正案では、介護施設以外にも、子供や患者を受動喫煙から守るために小中学校、大学、病院、行政機関を敷地内禁煙としています。ただし、たばこを吸わない人が近づかない離れたスペースに喫煙所を設置することは許されています。介護施設はオフィス・事務所と同じ分類に位置付けられており、原則として屋内禁煙とされています。

 

介護施設とは、介護保険のサービスを提供する施設や建物のことを指し、これらの施設は原則屋内禁煙です、煙が外へ漏れない専用のスペースのみ喫煙可能とされています。普及が進んでいる加熱式たばこについても、同様に規制の対象とされています。

 

2017年3月に示された原案では、専用室の設置も認められていませんでしたので、修正案によって少し愛煙家の居場所が確保されたような形にはなっています。

 

厚生労働省は、健康増進法の改定によって、この案を具体化していきたいという考えです。目下、与党との水面下で調整を進めているようです。この法案で最大の焦点となっているのが、飲食店です。

 

この法案が通れば、飲食店は居酒屋やファミレスなどの大手チェーン店と、施行後にオープンする新しいお店では、原則禁煙とされます。中小企業や個人が運営する「一定以下の面積」のお店については、「禁煙」「分煙」などと定時することを条件に、喫煙を容認される方針です。この一定以下の面積については、当初30平方メートル以下とする案が上がっていましたが、現在は150平方メートル以下とする案が有力になっています。

 

この法案は、飲食店の扱いなどで合意に至れば、3月にも国会に法案を提出する方針です。禁煙は介護施設の入居者様にとって、良いと感じる人もいれば、ストレスになる方もいるでしょう。

 

以前、介護施設の取材で施設長が、「長年喫煙をしてきた高齢者にとって、たばこはQOLの一部になっているので、むやみに取り上げる必要はないと考えています。しっかり分煙することで、それぞれが満足の行く人生を送ることが大切です。」とおっしゃっていました。

 

喫煙は健康によっては「百害あって一利なし」と言われますが、高齢者のQOLとのバランスが大切になってくるのかもしれません。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A