グループホームちくりんえん(京都府南丹市)

【外観】豊かな自然に囲まれた、開放感のあるたたずまいです。
いつでも見学できますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

【居室】プライベイト空間。

入居:-
月額:10.5万円

入居無料相談する!

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめよう!
空室確認・見学予約すべて無料!

通話無料いいケアネット入居無料相談
0120-577-889
※求人・面会・電話番号等の案内は
承っておりません。
紹介できない施設もございます。

グループホームちくりんえん(京都府南丹市)の基本情報・特徴

・介護保険が始まる前の措置事業からスタートした、認知症対応型のグループホームです。
・認知症に特化したグループホーム事業のパイオニアとして、常に安定した介護サービスを
心掛けています。
・協力医療機関とも連携しておりますので安心して暮らしていただけます。
・マスコット犬「チーズ」ちゃんも、おばあちゃんながら皆さんに寄り添って生活しています。

費用 入居費用  詳しくはお問い合わせください
月額費用  10.5万円
住所 京都府南丹市八木町諸畑後町14番地

JR嵯峨野線「八木駅」より車で約15分

グループホームちくりんえん(京都府南丹市)のこだわり・特徴

  • 買物便利
  • 駅近

グループホームちくりんえん(京都府南丹市)の看護・医療体制

医療面の受け入れ

受け入れ可 状況によっては受け入れ可 受け入れ不可

  • 食事療法
  • 運動療法
  • インスリン投与
  • 胃ろう
  • 透析
  • 気管切開
  • 鼻腔経管
  • 在宅酸素療法
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • たん吸引
  • 中心静脈栄養(IVH)
  • 尿バルーン(カテーテル)
  • ペースメーカー
  • 人工肛門(ストマ)
  • 創傷・褥瘡(床ずれ)
  • パーキンソン病
  • 脳卒中

感染症面の受け入れ

 

  • 疥癬(かいせん)
  • 肝炎
  • 結核
  • 梅毒(ばいどく)
  • HIV
  • MRSA

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

入居条件

入居条件 ・要支援 2  要介護1~ 5 の認定を受けられた方で、医師から認知症の診断をうけた方
・少人数の共同生活に支障のない方
・介護保険の保険者が、南丹市の方
年齢相談可 生活保護相談可 
入居時費用? 0円
月額費用? 105,200円
月額費用に含まれるもの 家賃 47,000円
食材料費 36,000円
水道光熱費 16,200円
共益費 6,000円
別途必要費用 理美容・おむつ代等雑費
介護保険一部負担金
医療費自己負担分
身元保証人?

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

グループホームちくりんえん(京都府南丹市)の施設詳細

運営事業者名 社会福祉法人未生会
事業主体 社会福祉法人 未生会
施設所在地 京都府南丹市八木町諸畑後町14番地
電話番号
開設年月日 1999/1/1
建物構造 木造平屋ストレート葺造り1階建ての1階部分
敷地面積 1,117.34m2
延床面積 202.05m2
土地・建物の権利形態
定員(居室総数) 9名 9室
居室面積 9.94m2
居室設備 テレビ回線
共用施設・設備

グループホームちくりんえん(京都府南丹市)のアクセス

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

はじめての老人ホーム・介護施設選び

大事な家族が暮らす老人ホームですから、妥協はできません。利用する方や家族を預ける方の両者が納得できる老人ホーム・介護施設を選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介します。

介護専門家がお届けする いいケアジャーナル

  • 認認介護について

    前回は「老老介護」についてお伝えしましたが、今回は老老介護よりもより深刻な「認認介護」についてお伝えします。 認認介護とは 認認介護とは認知症の...

    もっと見る
  • 寝たきりの原因と予防対策

    高齢になると様々な理由から寝たきりになるリスクが高まります。そこで今回は、寝たきりの原因と寝たきりにならないための予防対策についてお伝えします。 高齢...

    もっと見る
  • 健康寿命とは~平均寿命との違いについて解説!~

    高齢化が深刻化している我が国では、単に長く生きるのではなく、いかに健康に生きるかということが本人にとっても、その方を支える方々にとっても非常に重要となり...

    もっと見る
  • ホスピスについて

    皆さんは「ホスピス」という言葉を今までに聞いたことはありますか? またご自身やご家族が病で完治する可能性が無くなった時、どこで最期を迎えたいか、考えたことはあ...

    もっと見る