リハビリ中高齢者にも安心!体制が万全な老人ホームの詳細

怪我や病気などを理由にリハビリを余儀なくされている高齢者は多いです。しかし、高齢者のリハビリには家族が付き添わなければならないケースもあり、その負担は大きいのが現状でしょう。
そんな中、注目を集めているのが「リハビリ体制が整っている老人ホーム」です。
今回は、リハビリ体制が充実している老人ホームの種類や特徴、利用時の注意点についてご紹介します。

最終更新日:2021/02/12

いいケアネットに相談して入居すると
20万円もらえる可能性があるからお得!

施設探しならいいケアネットが断然オススメ。
いいケアネットに相談、見学予約をしてそのまま入居を決められた方は、最大20万円のお祝い(支度)金がもらえます。
老人ホーム・有料老人ホーム・介護施設・高齢者向け住宅を探すなら業界トップクラスのお祝い(支度)金がもらえる、いいケアネットへぜひご相談ください。

リハビリ体制が万全な老人ホームは多い

あまり知られていませんが、リハビリ体制が万全な老人ホームは近年増えてきています。
超高齢社会である時代の今、リハビリに対応している老人ホームの需要は増加傾向にあるもの。そういった背景から、医療機関を提携するなどして安心して利用できる「リハビリ可能な老人ホーム」を運営する施設があります。

リハビリ体制が整っている老人ホームの種類と特徴

リハビリ体制が整っている老人ホームにはどのような種類があるのでしょうか。
利用者の状況と照らし合わせながら、適した種類を見極めていきましょう。

民間老人ホーム

民間老人ホームは、需要に合わせたサービスを取り入れていることが多い傾向にある施設です。リハビリに対応している施設が人気を集めている今、民間老人ホームでも積極的にリハビリ体制を整えているといった点が見られるようになりました。
しかし、民間の老人ホームはリハビリの質や内容が施設によって差が大きいのが現状です。専門家監修のもとでリハビリプログラムを組んでいる施設もあれば、施設独自のリハビリ計画を立てている施設もありますので、リハビリ内容を詳しくチェックしたうえで選ぶ必要があります。

介護老人保健施設

リハビリ体制を万全にしている介護老人保健施設は、「在宅復帰」を目的として運営しているのが特徴です。怪我や運動機能の低下など、さまざまな理由から自分の身の回りのことが難しくなってしまった高齢者に向けて、基本的な生活が送れるようにリハビリしていきます。
具体的には、食事や入浴、排せつといったリハビリが中心であり、いずれは自分でスムーズに生活できるよう目指していきます。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は幅広いサービスを受けられるのが特徴です。医療機関がベースですので、医療サービスを受けられるのはもちろんのこと、介護やリハビリなど利用用途は幅広いといえます。
自宅での生活が難しい高齢者でも選びやすい選択肢であり、デイサービスとしてではなく、「入院」というスタイルで利用することも可能です。

受けられるリハビリの種類について

高齢者が、各施設で受けられるリハビリにはいくつか種類があります。
どのようなリハビリが受けられるのか、以下の点を確認しておきましょう。

作業療法士のリハビリ

作業療法士によるリハビリは、日常生活で必要な動作を自分で出来るようにするためのものです。日常生活では、排せつや食事、入浴、外出など、さまざまな行動を伴います。
しかし、加齢や怪我、病気などにより、徐々に上記の行動が難しくなるケースが多いため、作業療法士のもとでリハビリを行います。
実際のリハビリでは、ゲームを取り入れたり、芸術要素(絵画や裁縫など)を取り入れるなどして、楽しみながらできるリハビリを取り入れていることが多いです。

理学療法士のリハビリ

理学療法士のリハビリは、生活するうえで基本的な動作をスムーズに行えるように訓練するリハビリです。
例えば、「立つ」「歩く」「座る」などの動作を問題なく行えるようにリハビリを進めていきます。怪我や病気などにより、基本的な動作が難しくなってしまうことは珍しくありません。
しかし、それぞれをスムーズにできるようにしないと、要介護者となってしまい、自立した生活が困難となる可能性があります。
リハビリでは、運動療法や物理療法(マッサージなど)で運脳機能を向上していきます。

言語聴覚士のリハビリ

「言語」「口の動き」などに関するリハビリを行うのが、言語聴覚士です。
コミュニケーションに何らかの問題がある場合に、原因を探りながら適切なリハビリを進めていきます。また、言語関連のほか「口を開ける」「飲み込む」「噛む」といった口元の動きにも着目。
摂食機能及び嚥下機能も視野に入れたリハビリを受けることができます。

生活リハビリ

生活リハビリは、生活するうえで「自分でできることを増やす」という点に注目して実施するリハビリです。
例えば「着替える」「別の部屋へ移動する(車いすを使用者の場合)」などが挙げられます。自分の力だけで生活できるように支援することが目的であり、いずれは在宅復帰できるような状態へと導きます。
医療専門家による明確なプログラムのもとで行われるものではありませんので、施設によってリハビリ内容には違いがあります。

おわりに

リハビリ体制が整っている老人ホームは、リハビリ中の方にとって魅力的な存在です。
とくに、「自分だけの力で生活することが困難」という場合、手厚くサポートしてくれる施設は安心して利用できるといえるでしょう。
近年は、リハビリ体制が万全な老人ホームが増えてきていますので、気になる施設をチェックしてみてください。

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

合わせて読みたい関連記事

都道府県・予算で有料老人ホーム、介護施設を探す

老人ホームや有料老人ホーム、その他介護施設など、
高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介しています。
地図からご希望の地域を複数検索したり、予算からでも検索する
ことができます。

月額費用 ※食事代含む