介護中も癒される!バリアフリー対応のおすすめ温泉

最終更新日:2020/12/04

[監修] シニアライフアドバイザー 澤崎満依子

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。
いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

「介護中の親にリフレッシュしてほしい」「自分もたまには息抜きをしたい…」そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
介護中は親も子もとても疲れてしまいますし、ときにはストレスを感じてしまうものです。そんなときにおすすめなのが「バリアフリー温泉」です。
最近は高齢者や介護者がゆったりと過ごせるような温泉が増えてきている傾向にあります。
そこで、今回は高齢者の親と一緒に過ごせるバリアフリー対応の温泉を紹介します。

いいケアネットに相談して入居すると
20万円もらえる可能性があるからお得!

施設探しならいいケアネットが断然オススメ。
いいケアネットに相談、見学予約をしてそのまま入居を決められた方は、最大20万円のお祝い(支度)金がもらえます。
老人ホーム・有料老人ホーム・介護施設・高齢者向け住宅を探すなら業界トップクラスのお祝い(支度)金がもらえる、いいケアネットへぜひご相談ください。

「足腰が弱いから…」と温泉を諦める必要はない!

体の不自由な高齢者としては、「温泉は滑るから危ない」「周囲に迷惑をかけるかもしれないから控えたほうがいい」など、さまざまな悩みを抱えているものです。そのため、せっかく温泉で息抜きしたく手も気が進まない…ということが少なくありません。
しかし、足腰の弱さなどを理由に温泉を諦める必要はありません。最近は、バリアフリーに対応した温泉施設が増えてきていて、気兼ねなく温泉を楽しみやすい時代です。
高齢者の行きたい場所として常にランキング上位にあるのが温泉ですから、機会があれば温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

バリアフリー温泉を選ぶコツ

一口に「バリアフリー温泉」といっても、施設はたくさんありますし、それぞれ特色が大きく異なります。
実際、バリアフリーを謳っていても、設備が不十分であったり、スタッフ側の受け入れ体制が整っていないなど、不安な施設があるのも事実です。
そこで、ここからはバリアフリー温泉を選ぶコツについて解説します。

高齢者に配慮されている施設を選ぶ

バリアフリー温泉を選ぶにあたり、まず重視したいのが「高齢者に配慮されている施設を選ぶこと」です。
バリアフリーといっても、身体障がい者向けであることも考えられるため、「高齢者に配慮された施設なのか」をチェックする必要があります。
例えば「スロープが設けられている」「施設内に手すりが設けられている」など、確認しておくと安心して楽しめるでしょう。

バリアフリー設備が整っている

車いすでも出入りしやすい出入口やトイレ、車いすで乗り入れ可能な客室など、バリアフリー設備が整っていることは何よりも重要なことです。
実際に車いすを必要とする高齢者や、歩行がしにくい高齢者とともに温泉に行くなら、バリアフリー設備をチェックすることは大切でしょう。
温泉施設によって、どのようなバリアフリー設備が整っているのかは大きく異なるため、施設のホームページをチェックしたり、電話で問い合わせておくことをおすすめします。

名湯が沸く温泉を選ぶ

せっかく高齢者とともに温泉に行くなら、「名湯」が沸く温泉を選ぶとよいでしょう。
名湯の多くはさまざまな効能が期待できることが多く、高齢者が抱えている体の悩みを改善できる場合もあるのです。
また、温泉は体の健康だけではなく、ストレス解消やリフレッシュ、癒しなど、「心の健康」にも期待できます。
定期的に温泉へと足を運ぶと、高齢者本人も介護者も一緒に気分転換できるでしょう。

おすすめのバリアフリー温泉

バリアフリー温泉が気になるものの、どこを選んだらいいのか分からない…という方に向けて、おすすめのバリアフリー温泉を紹介します。
設備だけではなく、スタッフの気配りも感じられる温泉を厳選しました。高齢者とともに温泉に行きたいと考えている方は参考にしてみてください。

小野川温泉 鈴の宿登府屋旅館

山形県に位置する「小野川温泉 鈴の宿登府屋旅館」は、若旦那の実体験をもとにバリアフリーを採用した温泉です。
若旦那の父が車いすで過ごすことになったのを機に、不便・不自由を感じることを発見。こうした実体験から、高齢者や体の不自由な方に向けた温泉づくりを行ったのだそうです。
バリアフリールームが設けられているだけではなく、車いすのまま出入りできるトイレやお風呂用車いすの貸し出しなど細やかな部分にまで高齢者に配慮しています。
利用前の下見も可能ですので、高齢者との温泉が初めての方にもおすすめです。

伊東温泉 青山やまと

伊東温泉 青山やまとは、客室のベッドに「リクライニングベッド」を採用したり、車いすごと入室できるよう広々と設計されているなど、高齢者との温泉で魅力的なポイントが並んでいます。
また、バリアフリールームである「琥珀」「翡翠」の2部屋は展望露天風呂付きです。伊東の海を眺めながら高齢者とともに、周囲を気にせず温泉を楽しむことができます。
さらに、「伊東温泉 青山やまと」は、4人ほどが入浴できる貸し切り風呂も提供していて、ファミリーで温泉を楽しめます。
シーンを問わずに楽しめるのが魅力の温泉といえるでしょう。

おわりに

高齢の家族に元気になってほしい!と考えるのは当然のことです。とはいえ、一般的な温泉ではなかなか行きにくいというのが本音でしょう。
バリアフリー対応の温泉であれば、車いすを使う高齢者や、体が不自由な高齢者であっても安心してくつろぐことができます。
家族も一緒に気分転換できますので、ぜひ時間を見つけて足を運んでみてはいかがでしょうか。

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

合わせて読みたい関連記事

都道府県・予算で有料老人ホーム、介護施設を探す

老人ホームや有料老人ホーム、その他介護施設など、
高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介しています。
地図からご希望の地域を複数検索したり、予算からでも検索する
ことができます。

月額費用 ※食事代含む