介護専門家が答えるQ&A

介護専門家が答えるQ&A

舌苔(ぜったい)のケア方法と注意点について解説

舌を出して鏡で見てみると、苔のようなものが見えることはありませんか?それは、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。
細菌や粘膜が剥がれたもの、食べかすなどによるもので、白っぽい色が特徴。舌苔を放置すると、様々な口腔トラブルに陥ってしまうため、適度にケアをしなければなりません。
本ページでは舌苔の正しいケア方法や、ケアを行う際の注意点について解説します。

舌苔とは

舌苔とは、舌の表面に現れる白っぽい苔のようなものです。
細菌や粘膜が剥がれたもの、食べかすなどで生じる物質で、舌苔が大量に発生すると口内が不衛生な状態となってしまいます。
とはいえ、舌苔があるからといって、必ずしも不衛生というわけではなく、多少の舌苔であれば正常です。
基本的には、舌苔の厚みが増してきたらケアを行うタイミングといえます。

舌苔を放置するリスク

舌苔を放置することは、様々な口内リスクの可能性を高めます。具体的には、「口臭」「味覚障害」「違和感」などが挙げられます。
普段から舌をチェックする習慣がない方の場合、なかなか舌苔に気が付かず、様々な口内トラブルに陥ってしまうことが少なくありません。
「歯を磨いても口臭が改善されない」「味が分かりにくい」などのトラブルがある場合、舌苔が影響している可能性があります。
舌苔の厚みが増しているようであれば、早めに舌苔をケアしましょう。

舌苔のケア方法

舌苔をケアする場合は、「専用の舌ブラシ」を使いましょう。
ブラシを喉のほうから舌先のほうへ、優しく撫でるように動かします。すでに、唾液で舌苔がふやけている場合は、舌ブラシで何度かかき出すと取り除けることがほとんどです。
しかし、頑固な舌苔や、乾燥して舌に張り付いている舌苔は、口内に使える保湿剤を使用し、ふやかしてからケアをしましょう。
ちなみに、舌苔のケアは1日で済ませられるものではありません。何日も時間をかけ、こまめにケアすることで、舌苔を取り除くことができます。

舌苔のケアでの注意点

舌苔をケアするにあたり、いくつか注意点があります。舌を傷めないためにも、ここからの内容を理解したうえで実施してください。

強い力で磨かない

舌苔のケアでは、強い力を入れて磨かないようにしましょう。
舌はとてもデリケートな部位です。強い力で磨いてしまうと、舌の表面を傷つけ、口内トラブルのリスクを高めます。
また、強い力で磨いても、舌苔が取り除けるわけではありません。やさしく磨いても、舌苔のケア効果は同じですので、かならず「撫でるようにブラシを使う」を意識しましょう。

1回のケアに時間をかけすぎない

舌苔をケアする場合、1回のケアに時間をかけすぎないようにしましょう。
「なかなか舌苔が取れないから…」と長時間ケアし続けると、舌を傷めてしまう可能性があります。
基本的に、舌苔は頑固ですので、1回で取りきることは困難です。舌苔のケアにはある程度の期間を要しますので、時間をかけてケアすることを頭に入れておきましょう。

ブラシは「舌用」を使用する

絶対をケアするためのブラシは、必ず「舌用」を使用してください。
舌用のブラシは歯ブラシよりも柔らかく、舌を傷つけにくい構造となっています。そのうえ、舌の広い範囲を一度でケアできるため、舌苔の除去には舌用ブラシが必須です。
舌用ブラシがないからと、歯ブラシで舌を磨くと舌を傷つけるうえに、舌苔を効果的に取り除くことができません。
舌苔を安全かつ効果的に取り除くためにも、「舌用ブラシ」を使用しましょう。

舌苔を防ぐには?

舌苔は生活していれば必ず付着してしまうものです。しかし、意識次第で舌苔を軽減することができます。
舌苔を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか。

食事はよく噛む

毎日の食事でよく噛むことを意識することで、舌苔の付着を軽減することができます。
現代は、あまり噛まないまま飲み込んだり、柔らかいものばかり食べていたり…といった方が多く、噛む回数が少ない傾向にあります。
しかし、よく噛んで食事をすることで、唾液が分泌され、舌苔が大量に発生するのを防ぐことができるのです。
また、食べ過ぎ予防や、内臓への負担軽減にもつながるため、健康面のメリットもあります。

会話などで口を動かす頻度を増やす

舌苔を防ぐためには、会話などで積極的に口を動かす必要があります。
会話などで舌を動かすと、唾液の分泌が活性化され、口内の感想を防ぐことにつながります。結果的に、舌苔の発生を抑えることができ、口内トラブルを回避できるのです。
家族や友人、知人など、会話を交わす機会を増やし、唾液の分泌を促進しましょう。

おわりに

舌苔は口内トラブルを招く厄介な存在です。しかし、正しくケアを行い、予防法を実践すれば、舌苔を防ぐことが可能。思わぬ口内トラブルに悩まされるリスクを防ぐことができます。
現在、絶対に悩んでいる方は本ページを参考にしながら、正しいケアと予防法をお試しください。

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

合わせて読みたい関連記事

都道府県・予算で有料老人ホーム、介護施設を探す

老人ホームや有料老人ホーム、その他介護施設など、
高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介しています。
地図からご希望の地域を複数検索したり、予算からでも検索する
ことができます。

月額費用 ※食事代含む
  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A