大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > 【ご入居事例紹介】お姉様を心配された妹様からのお問合せ

【ご入居事例紹介】お姉様を心配された妹様からのお問合せ

banzai_obaasan

 

九州の妹様より当社へお問い合わせのお電話がありました。

「大阪の姉が介護で疲れ体調を崩しているので助けてほしい」とのことでした。

まずはお姉様にご連絡をし、状況を確認することにしました。

お姉様はご主人と二人暮らしでご主人(86歳要介護4)の介護を一人でされてきました。

とても大柄なご主人でお風呂を一人で介助するのは不可能でしたので昼間のデイサービスを利用し入浴されていました。お姉様が4年程介護をされてきて、ついに倒れてしまいました。体重も激減してぎりぎりまで頑張って来られたようです。ご主人も一時的にショートステイを利用することになりました。お姉様は体調が回復されたら毎日のようにその施設に通われるようになりました。本当にご主人様思いで自分が介護を出来ないのが歯がゆかったそうです。

心配された妹様がご主人様を施設に預けて自分をもっと労わってほしいとの願いから当社がお手伝いすることになりました。

娘様もお母様を大変心配されており、介護で共倒れにならないように安心できる施設を探したいとのことでした。

ご主人様は車イスでしたが一人では動こうとしないし、みんなの輪に自ら入ることもしない人だそうです。それを心配した奥様は毎日のように通われていましたが逆に毎日通うと来られなかった日が心配になるので適度にお見舞いに行ってあげて下さいとお伝えし、少し間隔をあけて会いに行かれるようになりました。

そして、その間に施設を探すことになりました。

ご家族様のご要望は家から近くで、尚且つ駅から近いこと、また年金の範囲内で過ごせるアットホームな施設がいいとのことでした。

当社は住宅型有料老人ホーム2件、介護付き老人ホーム1件、サービス付き高齢者向け住宅1件と3種類の施設をご案内致しました。

奥様と娘様に同行し施設を順番に見学しました。

ご主人様がその施設に馴染めるかがポイントでした。一人だとなかなか部屋から出ないタイプだそうでもっと皆さんが集まる食堂へ出やすい雰囲気か、スタッフさんの雰囲気はどうかなどそこの施設での生活をイメージされながらご見学されました。

全施設をご見学され感想を聞くと、介護付き有料老人ホームが一番ご主人様に合っているのではないかという感想でした。

 

奥様はまだ施設にご主人を入れることには抵抗があったようですが体調も考え娘様や妹様にも説得されようやく決心されました。

当社としても「ご家族様にとって一番良い選択ですよ」と背中を押しました。

4件見られた中で一番雰囲気が良かった施設にご入居が決まり4年以上もの老々介護から施設生活に生活が一変しました。

奥様も徐々に体力も回復してこられ体調も戻られました。今ではご主人様を施設に預けた罪悪感からも解放されご自分の時間も楽しめるようになったそうです。

 

最初のうち、奥様はご主人様のご様子を心配で頻繁に見に行かれているようでしたが、1ヶ月もすると、ご主人様は施設のスタッフにも慣れて来られ、食事の時にも気の合うご入居者様とお話をされるまでになりました。

ご家族様も大変喜ばれ、今では皆さんが安心して生活をしておられます。

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事