大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > 大和ハウス工業がTESSへ出資、足こぎ車いす「COGY(コギー)」を販売

大和ハウス工業がTESSへ出資、足こぎ車いす「COGY(コギー)」を販売

d2296-742-715451-1[2]大和ハウス工業はこのほど、足こぎ車いす「COGY(コギー)」を開発、製造するTESSからの第三者割当増資による株式の割当てを引き受け、4月1日より、同車いすを医療介護施設や福祉用具貸与事業者などに向けて販売を開始する。

経緯として、同社は自立を支援できる機器の普及が必要であると考えTESSへ出資。
今後、共同で商品販売と新商品開発を実施し、組織体制の強化を図る。

同社が販売する足こぎ車いす「COGY(コギー)」は、東北大学発のベンチャー企業であるTESSが、要介護や寝たきりなど運動器障害になるリスクが高いロコモティシンドロームや予備軍が、今後も増加すると予想されていることを背景に、解決手段の一つとして開発したもの。

ニューロモジュレーション技術(電気的、化学的、機械的刺激により神経調節の仕組みに働きかけて、人間の体が持っている働きを取り戻し、内蔵機能、身体機能を活性化させて、病気の症状の回復や改善を図るもの)を駆使した車いすのため、右足を出せば左足が出る歩行反射を応用している。

足の衰えを感じる高齢者、足の不自由な方が手軽に利用できる仕様である。
同車いすは介護保険福祉用具レンタル対象商品で、2010年4月の発売以来、5,000台以上販売しており、エクアドル、コロンビア、ベトナム、タイなどにも展開している。
同社は総販売代理店を担う予定で、これまで取引のある約6,100ヶ所の医療、介護施設向けに販売を行う。

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事