サービス付き高齢者向け住宅サービス付き高齢者向け住宅 おひさま(和歌山県和歌山市)の入居費用料金、施設サービス概要

施設のこだわり・特徴

  • 看護師常駐
  • 居室にキッチン付き
  • 介護士常駐
  • 生活保護受給者ご入居可能

・自由で快適に、そして必要な介護サービスを受けることが出来ます。
・生涯をサポートする体制が 整っていますので、安心して暮らせます。
・大浴室2ケ所、各階に個人浴室、機械浴室を設置しています。
・介護士24時間常駐しています。
・デイサービスセンターを併設しています。
・食事は肉か魚の選択メニュー(自炊も可能)できます。
・全室洗濯パンを完備しています。
・ヘルパー同行による買物できます。
・ツアーを毎週実施しています。
・外出・外泊は自由です。
・お酒やたばこも一切制限なしです。
・ペットOK(但し制限あり)です。
・看護師日中常駐しています。

入居費用
  • 入居費用 100,000円
  • 月額費用 98,610円~136,659円
住所
和歌山県和歌山市弘西579
交通
JR阪和線、紀伊駅から徒歩15分

介護・医療体制

看護・医療面

  • △
    食事療法
  • △
    運動療法
  • △
    インスリン投与
  • △
    胃ろう
  • △
    透析
  • △
    気管切開
  • △
    鼻腔経管
  • △
    在宅酸素療法
  • △
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • △
    たん吸引
  • △
    中心静脈栄養(IVH)
  • △
    尿バルーン(カテーテル)
  • △
    ペースメーカー
  • △
    人工肛門(ストマ)
  • △
    創傷・褥瘡(床ずれ)
  • △
    パーキンソン病
  • △
    脳卒中
  •  
     

感染症面

  • △
    疥癬
  • △
    肝炎
  • △
    結核
  • △
    梅毒
  • △
    HIV
  • △
    MRSA(ブドウ球菌感染症)
○
受け入れ可
△
要相談
×
不可

施設概要

運営事業者名 泉南生活協同組合
事業主体 泉南生活協同組合
施設所在地 和歌山県和歌山市弘西579
電話番号
開設年月日 2013年01月23日
建物構造 S(鉄骨)造 地上 3階建て
敷地面積 m2
延床面積 m2
土地・建物の権利形態 所有権
定員(居室総数) 72 戸
居室面積 18.00 m2
居室設備 トイレ 洗面 収納 台所
共用施設・設備 浴室 食堂

アクセス

入居条件

入居条件 60歳以上の方(自立・要支援・要介護)
入居時費用 100,000円
入居時費用に含まれるもの 敷金
月額費用 98,610円~136,659円
月額費用に含まれるもの 家賃  34,000 円 ~ 56,500 円
共益費 5,025 円 ~ 20,574 円
状況把握・生活相談 5,195 円
食事の提供 54,390 円
別途必要費用 ・介護保険自己負担分、医療費・薬代、日用品費、理美容、おむつ代など
身元保証人 詳しくは、お問い合わせ下さい
その他備考 障がい福祉サービスを利用している方入居可。

※生活保護受給者の場合、
・家賃:34,000円 ・サービス基本料:5,195円
・管理費:5,025円~14,574円(水道代・電気代を含む。但し4,074円を超える電気代は別途請求)

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
  • 日本FP協会
  • 一般社団法人 日本介護支援専門員協会
  • シニアルネサンス財団
介護専門家が答えるQ&A