介護付有料老人ホーム介護付き有料老人ホーム 越谷なごみ苑(埼玉県越谷市)の入居費用料金、施設サービス概要

施設のこだわり・特徴

  • 看護師常駐
  • 介護士常駐

・全室個室で12人~13人単位のユニットケアを実施する事により、集団生活の様相から少しでも一般家庭風へ近づけるように配慮しています。
・各フロアを小規模・少人数にする事で、認知症という状態にあっても不安や混乱を最小限に留め、安定した生活を送れるよう支援しています。
・食事に関しても決められた物を画一的に食べるのではなく、いくつかのメニューから選択していただける仕組みになっておりますが、リビングにはキッチンを備えていますので、入居者様同士で食事を作ることも可能となっています。
・お風呂はどんな常態の方でも気持ちよく入っていただけるように、一般家庭浴槽・庭付き銭湯風浴槽・家庭浴風リフト浴槽・解除浴槽の4タイプをご用意しています。

入居費用
  • 入居費用 190,000円
  • 月額費用 177,710円
住所
埼玉県越谷市川柳町1-166-1
交通
JR武蔵野線 南越谷駅南口からバス(越谷ハートフルクリニック行き・越谷南体育館行き)稲荷神社下車徒歩6分

介護・医療体制

看護・医療面

  • △
    食事療法
  • △
    運動療法
  • △
    インスリン投与
  • △
    胃ろう
  • △
    透析
  • △
    気管切開
  • △
    鼻腔経管
  • △
    在宅酸素療法
  • △
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • △
    たん吸引
  • △
    中心静脈栄養(IVH)
  • △
    尿バルーン(カテーテル)
  • △
    ペースメーカー
  • △
    人工肛門(ストマ)
  • △
    創傷・褥瘡(床ずれ)
  • △
    パーキンソン病
  • △
    脳卒中
  •  
     

感染症面

  • △
    疥癬
  • △
    肝炎
  • △
    結核
  • △
    梅毒
  • △
    HIV
  • △
    MRSA(ブドウ球菌感染症)
○
受け入れ可
△
要相談
×
不可

施設概要

運営事業者名 株式会社 大起エンゼルヘルプ
事業主体 株式会社 大起エンゼルヘルプ
施設所在地 埼玉県越谷市川柳町1-166-1
電話番号
開設年月日 2006/04/01
建物構造 建築基準法第2条第9号の2に規定する耐火建築物
敷地面積 2,117.76 m2
延床面積 1,993.49 m2
土地・建物の権利形態 賃貸(平成18年3月契約 期間20年)
定員(居室総数) 50名(50室)
居室面積 18.30 m2
居室設備 車椅子対応トイレ、緊急通報装置、外線電話回線、テレビ回線等
共用施設・設備 トイレ、浴室、食堂、リビング、ラウンジ、レクリエーション室等

アクセス

入居条件

入居条件 40歳以上の入居時要介護の方
入居時費用 190,000円
入居時費用に含まれるもの 敷金
月額費用 177,710円
月額費用に含まれるもの 家賃 95,000円
食費 67,710円
水光熱費 15,000円
別途必要費用 介護保険自己負担分、おむつ代、医療費、介護用品費、嗜好品等
身元保証人 詳しくは、お問い合わせ下さい
その他備考 共同生活を送るのに支障のない方
身元保証人相談可

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
  • 日本FP協会
  • 一般社団法人 日本介護支援専門員協会
  • シニアルネサンス財団
介護専門家が答えるQ&A