住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)

【施設外観】

【1階】

【2階】

【3階】

【4階】

入居:18.0万円
月額:16.3万円

入居無料相談する!

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめよう!
空室確認・見学予約すべて無料!

通話無料いいケアネット入居無料相談
0120-577-889
※求人・面会・電話番号等の案内は
承っておりません。
紹介できない施設もございます。

住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)の基本情報・特徴

【稀楽の特徴】
・大規模施設で、充実した設備です。
・全室個室で、プライバシーを確保しました。
・施設近隣にお住いだった方々に入居していただき、大変ご好評いただいております。
・住み慣れた景色、家庭的な雰囲気の中で安心して生活していただけるよう支援してまいります。
・すべて手作りの、美味しいお食事をご提供いたします。
・関連機関との連携で、総合的なサービスをご提供します。

費用 入居費用  18.0万円

月額費用  16.3万円
住所 愛知県名古屋市中村区岩塚町字上小路77-2

名古屋地下鉄東山線「岩塚」駅1番出口→名古屋市バス3番のりばより「岩塚本通五丁目」下車、徒歩300m

住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)のこだわり・特徴

  • 24時間介護士常駐
  • ターミナルケア
  • 看護師日中常駐

住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)の看護・医療体制

医療面の受け入れ

受け入れ可 状況によっては受け入れ可 受け入れ不可

  • 食事療法
  • 運動療法
  • インスリン投与
  • 胃ろう
  • 透析
  • 気管切開
  • 鼻腔経管
  • 在宅酸素療法
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • たん吸引
  • 中心静脈栄養(IVH)
  • 尿バルーン(カテーテル)
  • ペースメーカー
  • 人工肛門(ストマ)
  • 創傷・褥瘡(床ずれ)
  • パーキンソン病
  • 脳卒中

感染症面の受け入れ

 

  • 疥癬(かいせん)
  • 肝炎
  • 結核
  • 梅毒(ばいどく)
  • HIV
  • MRSA

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

入居条件

入居条件 要介護 概ね65歳以上 認知症相談可 身元保証人必要 全国対応
入居時費用? 180,000円
入居時費用に含まれるもの 申込金(入居時手数料等に充当 日額2,000円ずつ償却)
月額費用? 163,000円
月額費用に含まれるもの ・家賃 66,000円
・管理費 24,000円
・食費 54,000円
・水光熱費 19,000円
別途必要費用 ・介護保険1割負担分
・実費分
身元保証人? 必要

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)の施設詳細

運営事業者名 株式会社ALIVE
事業主体 株式会社ALIVE
施設所在地 愛知県名古屋市中村区岩塚町字上小路77-2
電話番号
開設年月日 平成26年4月13日
建物構造 鉄骨造4階建て
敷地面積 1,562.81m2
延床面積 2,506.05m2
土地・建物の権利形態 土地の権利形態 非所有
建物の権利形態 非所有
定員(居室総数) 62名(62室)
居室面積 18.3m2
居室設備 テラス、トイレ、エアコン、カーテン、クローゼット、ナースコール、フローリング、フラットフロア、人感センサー、化粧洗面台、収納スペース、地上波アンテナ、寝具一式、引き戸式ドア(居室内)、インターネット接続口、温水洗浄機能付きトイレ、照明器具、物干しベランダ、空調換気設備、モニターカメラ見守り可、車椅子対応トイレ、車椅子対応洗面化粧台、避難設備、鏡、防火カーテン、防災設備、電動介護ベッド、電気給湯器、電話回線
共用施設・設備 フロント、ウッドデッキ、エレベーター、ナースコール、スタッフルーム、リビングルーム、一般浴室、介護浴室、共用トイレ、厨房室、各階ダストシュート室、リネン室、寝台用エレベーター、屋上施設、応接室、放送設備、来客用宿泊施設、機械浴室、汚物処理室、洗面室、理美容室、異常監視システム、バイク置き場、自販機、車椅子用トイレ、避難設備、防災設備、風除室、食品庫、ダイニングルーム(食堂)、駐車場、駐輪場、麻雀台

住宅型有料老人ホーム 稀楽(愛知県名古屋市中村区)のアクセス

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

はじめての老人ホーム・介護施設選び

大事な家族が暮らす老人ホームですから、妥協はできません。利用する方や家族を預ける方の両者が納得できる老人ホーム・介護施設を選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介します。

介護専門家がお届けする いいケアジャーナル