介護老人保健施設(老健)老人保健施設 第2アールそせい(京都府京都市伏見区)の入居費用料金、施設サービス概要

施設のこだわり・特徴

サービス内容  
・病気の治療は終了したものの直ぐには自宅に退院できない高齢者を対象とした入所介護サービスです。数週から数ヶ月間入所して、自立を支援するサービスを受け、円滑な自宅復帰を目指します。この目的を遂行するために、医師・看護職・介護職・ケアマネージャー・理学療法士・作業療養士・栄養士・調理師などの多職種がチームをつくり、自立支援を行います。

・日々のレクレーションに加え、お花見の外出や夏祭りの盆踊りなど、四季を通じて多くの方に参加いただける行事を企画しております。
食事は、個別に栄養バランスを考え、食べやすい形態で、毎月一度の誕生日メニューやバイキングメニュー、鍋パーティーなど、楽しみをもって食べていただけるよう工夫しております。

入居費用
  • 入居費用 詳しくはお問い合わせください
  • 月額費用 75,630円~132,570円
住所
京都府京都市伏見区下鳥羽上三栖町129番地
交通
JR京都駅・地下鉄京都駅八条口より市バス19 国道大手筋下車 (所要時間:約29分)京都らくなんエクスプレス 国道大手筋東・蘇生会病院前下車 (所要時間:約26分)地下鉄竹田駅・近鉄竹田駅より市バス 南3 国道大手筋下車 (所要時間:約16分)タクシー (所要時間:約7分)京阪中書島駅より 市バス19、20、22 国道大手筋下車 (所要時間:約8分)タクシー (所要時間:約5分)京都南インターより 国道1号線南へ約2キロ

介護・医療体制

看護・医療面

  • △
    食事療法
  • △
    運動療法
  • △
    インスリン投与
  • △
    胃ろう
  • △
    透析
  • △
    気管切開
  • △
    鼻腔経管
  • △
    在宅酸素療法
  • △
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • △
    たん吸引
  • △
    中心静脈栄養(IVH)
  • △
    尿バルーン(カテーテル)
  • △
    ペースメーカー
  • △
    人工肛門(ストマ)
  • △
    創傷・褥瘡(床ずれ)
  • △
    パーキンソン病
  • △
    脳卒中
  •  
     

感染症面

  • △
    疥癬
  • △
    肝炎
  • △
    結核
  • △
    梅毒
  • △
    HIV
  • △
    MRSA(ブドウ球菌感染症)
○
受け入れ可
△
要相談
×
不可

施設概要

運営事業者名 医療法人社団 蘇生会
事業主体 医療法人社団蘇生会 
施設所在地 京都府京都市伏見区下鳥羽上三栖町129番地
電話番号
開設年月日 1997年08月01日
建物構造 地上階3階、地下階1階
敷地面積 m2
延床面積 m2
土地・建物の権利形態
定員(居室総数) 90名  24室
居室面積 m2
居室設備 トイレ・冷蔵庫・テレビ
共用施設・設備 談話室 食堂 機能訓練室 診療室 コインランドリー

アクセス

入居条件

入居条件 要介護1~5の方 65歳以上 認知症相談可 生活保護相談可 全国対応
入居時費用
入居時費用に含まれるもの
月額費用 75,630~132,570円
月額費用に含まれるもの
別途必要費用
身元保証人 相談可 
その他備考

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
  • 日本FP協会
  • 一般社団法人 日本介護支援専門員協会
  • シニアルネサンス財団
介護専門家が答えるQ&A