グループホームグループホーム さざなみ(大阪府東大阪市)の入居費用料金、施設サービス概要

施設のこだわり・特徴

  • ターミナルケア
  • 介護士常駐
  • 生活保護受給者ご入居可能

・認知症の方を対象とした施設です。少人数での共同生活の中で利用者様の認知症の緩和や悪化の防止を図り、自立した日常生活を営むことができるよう、専門職員が必要な援助を行います。
・家庭的な雰囲気の中で、心身ともにゆったりと過ごしていただけるよう入居者様の意思や人格を尊重し、常に利用者様のニーズに応えるサービスを提供します。

入居費用
  • 入居費用 150,000円
  • 月額費用 130,000円
住所
大阪府東大阪市加納2-12-7
交通
JR学研都市線「住道駅」より徒歩約15分近鉄バス「朋来住宅前」より徒歩3分

介護・医療体制

看護・医療面

  • △
    食事療法
  • ×
    運動療法
  • △
    インスリン投与
  • △
    胃ろう
  • △
    透析
  • ×
    気管切開
  • ×
    鼻腔経管
  • △
    在宅酸素療法
  • △
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • ×
    たん吸引
  • ×
    中心静脈栄養(IVH)
  • △
    尿バルーン(カテーテル)
  • △
    ペースメーカー
  • △
    人工肛門(ストマ)
  • △
    創傷・褥瘡(床ずれ)
  • △
    パーキンソン病
  • △
    脳卒中
  •  
     

感染症面

  • ×
    疥癬
  • △
    肝炎
  • ×
    結核
  • △
    梅毒
  • △
    HIV
  • △
    MRSA(ブドウ球菌感染症)
○
受け入れ可
△
要相談
×
不可

施設概要

運営事業者名 有限会社 さざなみ
事業主体 有限会社さざなみ
施設所在地 大阪府東大阪市加納2-12-7
電話番号
開設年月日 2003/6/1
建物構造 鉄骨造3階建の2階部分
敷地面積 355.07 m2
延床面積 212.68 m2
土地・建物の権利形態 非所有
定員(居室総数) 9名 9室
居室面積 8.9〜10.13 m2
居室設備 押入れ、ナースコール、ベッド、冷暖房設備
共用施設・設備 食堂、浴室、トイレ、洗面台、談話スペース、エントランス、エレベーター

アクセス

入居条件

入居条件 東大阪市の介護保険被保険者であること。
医師より認知症の診断を受けていること。
少人数による共同生活を営むことに支障がないこと
自傷他害の恐れがないこと
常時医療機関において治療をする必要がないこと
通常グループホームで出来ると思われる医療管理範囲の方であること
他の入居者に伝染する疾患がないこと。
要支援2 要介護1~5 生活保護対応可 
入居時費用 150,000円
入居時費用に含まれるもの 敷金
月額費用 130,000円
月額費用に含まれるもの 家賃 72,000円
食費 39,000円
水道光熱費 15,000円
管理費 10,500円
別途必要費用 夏季冷房費(6月~8月)、冬季暖房費(12月~2月)
介護保険一部負担金
医療費自己負担分
おむつ代、理美容代、診察代、薬代、おこづかい、有料イベント、外食代費等
身元保証人
その他備考 協力医療機関

西村クリニック
東デンタルクリニック

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
  • 日本FP協会
  • 一般社団法人 日本介護支援専門員協会
  • シニアルネサンス財団
介護専門家が答えるQ&A