サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)

【施設外観】

【食堂】

【介護浴室】

【浴室】

【居室】

【居室】

入居:0万円
月額:14.4万円

入居無料相談する!

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめよう!
空室確認・見学予約すべて無料!

通話無料いいケアネット入居無料相談
0120-577-889
※電話番号だけのご案内はしておりません。
紹介できない施設もございます。

サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)の基本情報・特徴

【恵泉きずなの特徴】
・魚住 駅から 徒歩 15 分 と、アクセス良好です。
・少人数で、ゆったりとした暮らしができます。
・全室個室で、プライバシーを確保しました。
・居室は18.30㎡で、バリアフリーです。
・ご入居される方との絆を深め、その人らしい人生を最後まで安心して生活を送ることができるように、支援いたします。
・福祉の有資格者が24時間常駐し、365日日常生活の他、医療・介護・福祉に関するご相談にも対応いたします。
・介護士が、24時間常駐しています。
・入居一時金など、頂きません。
・低額の料金設定で、経済的にも安心です。

費用 入居費用  0万円

月額費用  14.4万円
住所 兵庫県明石市魚住町西岡370−9

電 車: JR神戸線 魚住 駅から バスで 5 分 降車後、徒歩 1 分 / または 徒歩 15 分  その他: バスで5分降車後徒歩1分

サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)のこだわり・特徴

  • 介護士常駐
  • 入居一時金0円
  • 買物便利
  • 駅近

サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)の看護・医療体制

医療面の受け入れ

受け入れ可 状況によっては受け入れ可 受け入れ不可

  • 食事療法
  • 運動療法
  • インスリン投与
  • 胃ろう
  • 透析
  • 気管切開
  • 鼻腔経管
  • 在宅酸素療法
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • たん吸引
  • 中心静脈栄養(IVH)
  • 尿バルーン(カテーテル)
  • ペースメーカー
  • 人工肛門(ストマ)
  • 創傷・褥瘡(床ずれ)
  • パーキンソン病
  • 脳卒中

感染症面の受け入れ

 

  • 疥癬(かいせん)
  • 肝炎
  • 結核
  • 梅毒(ばいどく)
  • HIV
  • MRSA

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

入居条件

入居条件 60歳以上で共同生活を営むことが出来る方であれば、要介護度の有無しは問いません。
要支援以上の認定を受けていれば40歳以上の方のご入居も可能です。
認知症対応可
入居時費用? 0円
月額費用? 144,000円
月額費用に含まれるもの 賃   料 月額  59,000円
共 益 費 月額  15,000円
生活支援サービス費 25,000円
食事の提供 45,000円
別途必要費用 ・介護保険自己負担分、医療費・薬代、日用品費、理美容、おむつ代など
その他 費用 手続き代行サービス 月額  1,000円
(各種事務手続きや協力医療機関への連絡手続き)
貴重品・金銭管理 月額  各2,000円 (貴重品の預りや金銭の管理)(薬剤管理費)
身元保証人? 詳しくはお問い合わせください。
その他備考 共同生活ができる方。
医師の受診や往診を拒否されない方。
自傷他害行為の無い方。
看取り対応可
医療行為  訪問看護にて定期交換
在宅酸素 設置型及び携帯型にて対応

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)の施設詳細

運営事業者名 社会福祉法人 明石恵泉福祉会
事業主体 社会福祉法人 明石恵泉福祉会
施設所在地 兵庫県明石市魚住町西岡370−9
電話番号
開設年月日 2014-04-30
建物構造 鉄筋コンクリート 4階建て
敷地面積 956.85m2
延床面積
土地・建物の権利形態 住宅権原 所有権
施設権原 所有権
敷地権原 所有権
定員(居室総数) 30名(30室 )
居室面積 18.30m2
居室設備 緊急コール トイレ(自動温水洗浄便座) 洗面台 クローゼット
共用施設・設備 食堂 居室 個浴室 エレベーター
火災報知器 スプリンクラー 屋内消火栓

サービス付き高齢者向け住宅 恵泉きずな(兵庫県明石市)のアクセス

入居をお考えなら、ぜひ見学して
雰囲気を確かめましょう!

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

はじめての老人ホーム・介護施設選び

大事な家族が暮らす老人ホームですから、妥協はできません。利用する方や家族を預ける方の両者が納得できる老人ホーム・介護施設を選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介します。

介護専門家がお届けする いいケアジャーナル