介護老人保健施設(老健)介護老人保健施設 しんあい(大阪府高槻市)の入居費用料金、施設サービス概要

施設のこだわり・特徴

当施設は、約10人を1つのユニット(グループ)とし、他の入所者様や職員との馴染みの関係性を築いて頂きながらお一人お一人の個性や生活リズムに合ったケアを行う「ユニットケア」を導入しています。
居室は、全てがトイレ・洗面台・酸素・吸引装置を設置した個室です。
日当たりのよいフロアは、やわらかな風と光を感じられるリビングのような空間です。
皆様のコミュニケーションの場として、わきあいあいと過ごして頂けます。
生活の中で楽しみを持ち意欲的にリハビリに取り組んで頂けるよう、手芸や書道・音楽レクリエーションや協力して行うお菓子作り、また地域の皆様との交流など、様々なレクリエーションを企画・実施しています。
また、施設付近には「大阪みどり百選」に選ばれている摂津峡があり、大きな窓からの景色もとても良く、春の桜や秋の紅葉など四季折々の自然を身近に感じられます。
平成29年11月より、「ユニット型老人保健施設(在宅強化型)」として指定を受けました。
職員一丸となってより一層のサービスの向上と老人保健施設の役割である在宅復帰支援に努めてまいります。
春にはお花見ドライブや、芥川に展示される鯉のぼり製作、夏にはしんあい縁日。秋は紅葉ドライブ、冬にはクリスマスパーティや初詣。
季節を感じられるイベントは例年大好評です。

入居費用
  • 入居費用 詳しくはお問い合わせください
  • 月額費用 77,040円~130,050円
住所
大阪府高槻市西之川原2丁目46番1号
交通
京都線高槻駅から2.6km 高槻市営バス バス停「西之川原」より徒歩1分

介護・医療体制

看護・医療面

  • △
    食事療法
  • △
    運動療法
  • △
    インスリン投与
  • △
    胃ろう
  • △
    透析
  • △
    気管切開
  • △
    鼻腔経管
  • △
    在宅酸素療法
  • △
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • △
    たん吸引
  • △
    中心静脈栄養(IVH)
  • △
    尿バルーン(カテーテル)
  • △
    ペースメーカー
  • △
    人工肛門(ストマ)
  • △
    創傷・褥瘡(床ずれ)
  • △
    パーキンソン病
  • △
    脳卒中
  •  
     

感染症面

  • △
    疥癬
  • △
    肝炎
  • △
    結核
  • △
    梅毒
  • △
    HIV
  • △
    MRSA(ブドウ球菌感染症)
○
受け入れ可
△
要相談
×
不可

施設概要

運営事業者名 社会医療法人 愛仁会
事業主体 社会医療法人 愛仁会
施設所在地 大阪府高槻市西之川原2丁目46番1号
電話番号
開設年月日 2014年04月01日
建物構造 地上階4階
敷地面積 m2
延床面積 m2
土地・建物の権利形態
定員(居室総数) 69名 69室
居室面積 m2
居室設備
共用施設・設備

アクセス

入居条件

入居条件 要介護1~5。65歳以上。認知症相談可。生活保護相談可。全国対応可。
入居時費用
入居時費用に含まれるもの
月額費用 77,040~130,050円
月額費用に含まれるもの
別途必要費用
身元保証人 相談可
その他備考

この介護施設を見た人はこんな老人ホームも見ています

初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。
初めての高齢者施設ガイド 有料老人ホームを自分のためや、両親のために探すとしても、とても難しいのが現実です。しかし大事な家族が暮らすホームですから、妥協はできません。利用する者、家族を預ける者、両者が納得できるホームを選ぶために、重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
  • 日本FP協会
  • 一般社団法人 日本介護支援専門員協会
  • シニアルネサンス財団
介護専門家が答えるQ&A