特養に早く入所するには?知っておくべき「早期入所」のコツ

最終更新日:2020/12/04

  • 簡単4ステップ

ご相談される方について

お名前必須
ふりがな必須
住所必須

  • 簡単4ステップ

ご相談される方について

電話番号必須
E-mail必須
  • 簡単4ステップ

実際にご入居される方についてお応えください

ご年齢必須
性別必須
  • 簡単4ステップ

実際にご入居される方についてお応えください

お身体の状態必須
認知症の有無必須
ご相談者との続柄
  • 簡単4ステップ

実際にご入居される方についてお応えください

お一人あたりの
入居一時金必須
お一人あたりの
月額利用料予算必須

その他

その他ご要望をご記入ください。




現在、国内にはさまざまな介護施設、福祉施設がありますが、最も人気を集めているのが「特養」と呼ばれる特別養護老人ホームです。
特養は、費用面やサービスの範囲などから多くの世帯で選ばれています。一方で、その人気の高さから「入所しにくい」「待機が長くなりやすい」といったデメリットもあるのが現状です。
しかし、意外にも特養は「早期入所」ができる場合もあります。そこで、今回は特養に早く入所するためのコツを紹介します。

いいケアネットに相談して入居すると
20万円もらえる可能性があるからお得!

施設探しならいいケアネットが断然オススメ。
いいケアネットに相談、見学予約をしてそのまま入居を決められた方は、最大20万円のお祝い(支度)金がもらえます。
老人ホーム・有料老人ホーム・介護施設・高齢者向け住宅を探すなら業界トップクラスのお祝い(支度)金がもらえる、いいケアネットへぜひご相談ください。

特養とは

特養とは、「特別委養護老人ホーム」のことであり、民間ではなく地方自治体や社会福祉法人が運営していることが特徴です。
数ある福祉施設の中でも特養が人気を集めている理由は「費用の安さ」にあります。民間の福祉施設の場合、月々数十万円~数百万円と、施設のグレードによるものの費用が高額である傾向にあるのです。一方、特養は月々数万~で入所できることが多いため、金銭的な事情から民間の福祉施設に入ることが難しい方からの需要があるのです。
もちろん、利用者本人の年金で出費をカバーすることもでき、家族の経済的負担を軽減することにつながります。
また、特養は「看取りケア」にも対応しています。民間の福祉施設の多くは「看取りケア」が充実していないことが多いため、家族が多忙な場合や万が一のときに「看取りケア」は魅力的です。

特養に早く入所するコツ

特養は魅力的な福祉施設ではありますが、人気が高いことから「なかなか入所できない」といった声が非常に多いです。基本的には、空室が出るまでは待機し続けることになります。
しかし、実は特養には「早く入所するコツ」があるのも事実です。具体的に、どのようなコツがあるのか、次を見ていきましょう。

複数の特養に登録

早く特養に入所したいのであれば、複数の特養に登録しておくことをおすすめします。
特養の登録は必ずしも1つまでといったルールは設けられていません。同時に2か所や3か所など登録することができます。
複数の特養に登録しておけば、入所できる確率が高まりますので「激戦区」にお住まいの方であれば、なおのこと複数の特養に登録することをおすすめします。

ユニットタイプに絞る

やや費用は高くなってしまいますが、特養を希望するのであれば「ユニットタイプ」をおすすめします。
特養には、1室に多数のベッドが設けられている「従来型」と、1室に1つのベッドが設けられている「ユニットタイプ」があります。
ユニットタイプのほうが月々の利用料金が数万円高くなりやすいことから、人気が低めです。そのため早急に特養に入所したいのであれば、ユニットタイプに絞って特養を探しましょう。

積極的に福祉サービスを利用する

デイサービスやショートステイなど、積極的に福祉サービスを利用することは大切です。
なぜなら、積極的にサービスを利用することで、「介護がそれだけ大変であること」をアピールすることにつながるからです。
また、何度も利用することで次第に家族を覚えてもらいやすくなり、施設を優先的に紹介してもらえる場合もあります。
時間とお金はかかってしまいますが、積極的に福祉サービスを利用していきましょう。

情報収集はこまめに

1日でも早く特養に入所したいのであれば、情報収集はこまめに行いましょう。特に空室状況はインターネットでも確認できる場合がありますので、毎日目を通しておくといざ空室が生じたときに出遅れてしまう心配がありません。
また、インターネットで特養の空き状況を公開していない自治体の場合は、こまめに電話で空き状況を確認しておくと安心です。

「申し込み理由」を充実させる

特養に入所するためのコツの一つが「申し込み理由」を充実させることです。
施設の申込書を見てみると「申し込み理由」の欄が設けられています。細かく丁寧に書くことで「家庭での介護の大変さ」をアピールすることができます。また、可能であれば別紙を用意して「既定の欄には書ききれないほどの大変さ」をアピールするのもアリです。
つい簡潔に書きがちな部分ではありますが、申し込み理由こそしっかりと書き込みましょう。

企業に勤める

あまり知られていませんが、働いていない家族が企業に勤めることで特養への入所の優先順位が高くなります。
例えば、専業主婦の方が企業に勤めると、それだけ「介護の必要性」が高まるからです。
現在、国や自治体では介護を理由として離職低下を目指しています。そのため、就業で介護が難しくなると緊急度が高くなるのです。

早めの行動が大切!

特養への入所は決して簡単なことではありません。だからこそ、早めに行動していき少しでもチャンスを掴みやすいように準備を整えておく必要があります。
特に、介護関係者に「緊急であること」をアピールしたり、こまめに情報収集をするなど、手間がかかることほど、特養への入所で有利になるもの。
1日でも早く入所するためにも、さっそく行動を開始してみてはいかがでしょうか。

おわりに

現在、日本は超高齢社会の真っただ中であり、介護施設への入所が難しい状況です。特に、人口が多い地域、福祉施設が少ない地域は激戦区となりやすく、サポートが必要な家庭でありながら、なかなか入所できないケースが少なくありません。
特に「特養」は人気の福祉施設でもあることから、入所までに時間がかかる傾向にあります。
現在、特養への入所を検討している方は、本ページを参考にしながら準備を進めていきましょう。

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

入居支度金について 業界トップクラスの祝い(支度)金 最大20万円

合わせて読みたい関連記事

都道府県・予算で有料老人ホーム、介護施設を探す

老人ホームや有料老人ホーム、その他介護施設など、
高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介しています。
地図からご希望の地域を複数検索したり、予算からでも検索する
ことができます。

月額費用 ※食事代含む