大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > 老人ホーム基礎知識 「月額利用料」とは

老人ホーム基礎知識 「月額利用料」とは

s_stand_businesswoman_obasan

月額利用料とは、

老人ホームを利用するにあたって毎月発生してくる費用です。その内訳はその老人ホームによって異なります。

月額固定費

■家賃相当額(固定費)

40000円~150000円程度

居室に居住するための費用です。

近隣の家賃相場並みの価格が設定されています。

また、老人ホームによって広さや方角、階によって異なる場合があります。

また、光熱費が含まれている場合と別途の場合がありますので確認が必要です。

■共益費(固定費)

20000円~30000円

老人ホームの共有スペースの維持などにかかる費用になります。

■管理費(固定費)

20000円~50000円程度

事務職員の人件費や老人ホームの維持・運営のための費用。共益費とまとめて請求する老人ホームも多いです。

この費用に関わる範囲は老人ホームによって異なります。

■食費(変動費)

30000円~70000円程度

1日3食の食事サービスを利用した場合に発生する費用です。基本的に食べた分のみの請求になります。

また厨房維持費や厨房管理費などが含まれる場合や別途請求される場合があります。

日常どんなお食事を召し上がられているのかを体験入居などでお試しいただくことが出来ます。

また毎月のメニュー表を作っている老人ホームもあります。

 

 

 

s_keizai_chukansou

その他の費用(変動費)

■介護保険の1割負担(2割負担)

5000円~36000円程度(1割負担の場合)

要支援1~要介護5までの介護保険の1割負担の金額が老人ホームの月額利用料とは別途必要になります。

基本的には介護サービスをご利用した分が請求されますが、

特定施設入居者生活介護の指定を受けている老人ホームは介護サービス費の満額請求となります。

■生活支援サービス費

サービス付き高齢者向け住宅では介護職員を日中常駐させ、

夜間等も見守りで職員を配置し安否確認サービスや生活相談サービスを提供します。

このサービス費は介護保険でカバーしきれないサービスを提供するものです。

■医療費・薬代(変動費)

ご入居者様の状態によって異なります。訪問医の先生とご契約する場合が多いです。

薬局、また訪問歯科や訪問リハビリなどを別途契約される方もいらっしゃいます。

■お小遣いや雑費(変動費)

5000円~10000円程度

歯ブラシ、ティッシュ等の日用品の購入や衣類の費用の他、お小遣いも予算に入れましょう。

■オムツ代(変動費)

10000~20000円程度

■レクリエーションや遠足等の費用(変動費)

老人ホームによって異なります。内容やご利用回数などによっても違ってきます。

■光熱費(変動費)

5000~20000円程度。老人ホームによって、実費精算のところと、定額になっているところとあります。

これらの費用を考えると月額に必要な料金は少なく見積もっても16万程度かかります。

(場合によって、費用を抑えられる老人ホームもあります)

また、ご入居された時から年月が経ち、要介護度が上がればその分費用も上がりますので、

将来的な費用も老人ホームご入居時には、しっかりとご検討されることをお勧めします。

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事