大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > 平成28年度、有料老人ホームの指導状況などのフォローアップ調査公表―厚生労働省

平成28年度、有料老人ホームの指導状況などのフォローアップ調査公表―厚生労働省

AD071_L厚生労働省は「平成28年度 有料老人ホームを対象とした指導状況等のフォローアップ調査(第8回)」を実施し、調査結果をまとめ公表した。

同調査は、老人福祉法第29条に基づき、施設名称、管理者などを届け出ることを義務付けられている有料老人ホームに該当しながらも、未届の施設について、都道府県、指定都市、中核市に対し、届出や指導状況などの調査を行いまとめたもの。

結果として、平成28年6月30日時点で、届出数は11,739件(前年度10,627件)、未届数は1,207件(同1,650件、追加調査分含む)となった。

さらに前払の保全措置が義務付けられている有料老人ホーム(平成18年4月1日以降に設置された有料老人ホーム)のうち、前払金を徴収している件数は1,311件あり、このうち、保全措置を講じていない件数は53件(同77件)となった。

調査結果を踏まえたうえで、同省では3月21日付で、都道府県、指定都市、中核市に対し、未届の有料老人ホームに関する実態把握や届出促進に向けた取り組みの徹底、入居者の処遇などに関する指導強化を求める通知を出し、さらなる指導監督の徹底を要請したところだ。
なお、今年度においても6月30日時点の状況について調査する予定である。

※詳しくは厚生労働省HPを参照
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000155909.html

 

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事