大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > ヘルスケアIT2017(第2回)を開催―東京ビッグサイト

ヘルスケアIT2017(第2回)を開催―東京ビッグサイト

d11263-25-606524-0[1]UBMジャパン主催の「ヘルスケアIT2017(第2回)」が4月19~21日、東京都江東区にある東京ビッグサイト東6ホールで開催される。

近年、日本では、医療・介護施設における業務負担軽減や効率の向上のほか、健康寿命社会実現のための予防・健康管理の促進、医療の質や安全性、信頼性の向上、新薬創出と患者への適切な医薬品提供の実現、健康経営の実績によるパフォーマンスの向上、などといった取り組みを推進するための効果的手段としてITへの注目が高まっていることから同イベントを実施するもの。

出展対象は医療・介護、医薬品メーカー、自治体・健保組合・企業向けのヘルスケア関連ソリューション、サービスなどで、来場対象は、介護事業者、医療機関、医薬品メーカー、自治体、健保組合、企業ほかである。

来場者数は15,000人を見込んでいる。
同イベントには、ヘルスケア関連企業、医療機関、自治体、一般企業などがもつ課題を、解決へと導くためのテクノロジー、サービス、大手ITベンダーからスタートアップ企業まで約70社が出展。

注目すべきは、医療・製薬メーカーでの活用が期待されるAI、IoTに代表される新世代のテクノロジーや予防・未病をす推進するダイエット、睡眠、ストレスチェックなどのアプリケーションなどである。

また、医療関係者、製薬メーカー、大学、テクノロジー企業による約100セミナーを通して、パートナーシップの促進やIT導入を支援するための情報提供もする。

セミナーでは、基調講演のほか特別講演では「介護職場におけるIT活用 介護サービス業における資産性の向上」(19日)や「認知機能低下予防メソッド「シナプソロジー®」の効果と可能性」(同日)など、が行われる。

また、併催としてCare・Welfare Robot&Device Expo 2017(介護・福祉 ロボット&機器 開発展)ほか、計11の展示会も実施される。

※詳しくはイベントHPを参照
http://www.healthcarejapan.com/

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事