大阪を中心に有料老人ホーム・介護施設HOME > 介護専門家が答えるQ&A > あなたの家族にはかかりつけ医はいますか?

あなたの家族にはかかりつけ医はいますか?

かかりつけ医とは?

p2_photo

「かかりつけ医」とは、普段家族が診てもらう医師(主治医)のことです。

主治医以外にも、ホームドクターや家庭医とも呼ばれます。

病院に入院すると、そこの担当医は「主治医」になります。

 

介護においては、100%必要になる存在です。

「介護保険サービス」を利用する際、「主治医の意見書」の提出が義務づけられています。

「かかりつけ医」いると助かること

old women with mobile

old women with mobile

かかりつけ医がいることで、メリットがたくさんあります。

 

  • 受診手続きが簡単で、待ち時間が短い
  • 患者さん一人ひとり、じっくり診察してもらえる
  • 家族全員の普段の健康管理をアドバイスしてもらえる
  • 普段の健康状態からの変化が分かり、緊急時に素早い対応がうけられる
  • 大病院での、検査や入院が必要な時、いい病院を紹介してもらえる
  • 紹介を受けることで、大病院での手続きや待ち時間を短縮できる

 

普段から治療や健康相談ができるかかりつけ医がいると、

家族に何かがあったときも素早い対応ができるので、安心です。

 

かかりつけ医の役割

診察中の医師と患者

日本の救急医療体制は3段階あります。

患者の症状や緊急性によって診療機関を「初期救急」「二次救急」「三次救急」に分け、それぞれの役割分担を決めています。

 

目次

初期救急

入院治療の必要がなく、帰宅可能な患者が対象になります。

対応は「かかりつけ医」や、休日・夜間急病診療所(市区町村が運営)などが行います。

 

二次医療

入院治療を必要とする重症患者が対象になります。

対応は基本的に救急病院で行われます。

 

三次医療

二次救急医療機関では対応できない、高度処置が必要な重症患者が対象になります。

対応は救命救急センターで行われます。

 

 

「初期医療」を担当するのが、かかりつけ医です。

 

きめ細かい医療が必要な場合、地域や在宅療養と連携し、

大きな検査や入院が必要な場合、高度・専門病院とも連携する、

日常の健康管理、治療、入院指導を一手にこなす、「一家の顧問医」です。

 

病気治療にかかわらず、健康相談にも新味に乗ってくれる頼りになる存在でしょう。

最後に、かかりつけ医が、介護においてどんな機能を果たしているのか、確認しておきましょう。

 

 

かかりつけ医の主な機能

・一般的な入院医療の提供

・主治医としての治療

・訪問診療、在宅医療の管理

・要介護認定での意見書作成

・介護保険施設との連携

・要介護高齢者への医療の提供

などがあげられます。

 

「介護」と「かかりつけ医」は切っても切り離せない関係です。

もしもの時に頼れる「かかりつけ医」を見つけておきましょう。

この記事の監修者

いいケアネット事務局

突然倒れた、転んで頭を打ったなど、ご自身やご家族の介護を身近に感じるきっかけはそれぞれです。 いいケアネットでは、いざという時のために知っておきたい介護の知識についてご紹介します。

あわせて読みたい記事