介護専門家が答えるQ&A

介護専門家が答えるQ&A

老人ホームは何歳から入居可能?50代は?特定疾病がある場合は?

 

zzz

 

まだ高齢者といわれる年齢ではないけれど、60歳以下の今からでも入居できる老人ホームがあるか知りたくありませんか?

 

「老人ホームって何歳から入れるの?」

「元気なうちから入居できるところはないの?」

「要介護度が高いと、年齢関係なく老人ホームへ入居できる?」

 

介護の必要はなくても、早期リタイアしたい方や、

特定疾病のため、要介護・要支援認定を受けている40代~50代の方など、

理由は様々ですが、老人と呼ばれる年齢でなくても老人ホームに入居したいと考える方はいらっしゃるでしょう。

 

ですが、老人ホームをはじめとする高齢者施設では、入居資格が定められています。

誰もが自由に老人ホームへ入居できるわけではありません。

 

まずは、老人ホームに入居できる年齢を知り、年齢以外にも入居の条件や制限はあるのか、確かめてみましょう。

 

 

 

老人ホームに入居できる年齢は?65歳以上じゃないと入れない?

 

zzz

 

基本的には、多くの老人ホームでは、入居可能な年齢を60歳以上、または65歳以上と設定されています。

ですが、60歳未満でも入居できる施設はあります

 

高齢者施設 施設の特徴 入居資格
介護付有料老人ホーム ・職員が直接介護サービスを提供するため、介護の設備やサポートが整っている

・一人ひとりに合わせた介護サービスの提供が可能※1

老人

※老人福祉法上、老人に関する定義が無いため、解釈においては社会通念による

住宅型有料老人ホーム ・自宅と同じような仕組みで、食事の提供や安否確認など以外のサービスは提供しない

・入居者が必要な介護サービス事業所を選んで契約する※1・最近では介護付と同じようなサービスを受けられる施設も増えている

老人

※老人福祉法上、老人に関する定義が無いため、解釈においては社会通念による

サービス付き高齢者向け住宅

(サ高住)

・賃貸住宅のような自立した生活を送れる

・入居者が必要な介護サービス事業所を選んで契約する※1

・主に60歳以上の方

・または、要介護・要支援認定を受けている4064歳の方

高齢者向けマンション

(シニアマンション)

・介護を必要とせず自立して生活ができる高齢者向けの施設

・生活支援サービスを受けることができる

・入居者が必要な介護サービス事業所を選んで契約する※1

・主に60歳以上の方

・施設によって入居可能年齢が異なり、50歳以上でも入居できることも

グループホーム ・認知症の高齢者が少人数(9人以下)で共同生活する施設

・家事をスタッフと一緒に行い家庭的な雰囲気で生活することが目的

・65歳以上の要介護者や要支援者で、医師により認知症の診断を受けた方
ケアハウス ・軽費老人ホーム※2と呼ばれる食事つきの住まい

・一般型と介護型があり、自立しているが独居生活に不安がある方は一般型、介護が必要な方は介護型になる

・自立している60歳以上の方(一般型)

・65歳以上で要介護度1以上の方(介護型)

特別養護老人ホーム

(特養)

・認知能力や体の不自由な高齢医者が、介護専門の職員から、食事・入浴・排せつなどのサポートを受けられる、介護保険の入所施設 ・65歳以上で、身体上または精神上著しい障がいがあるために常時介護を必要とし、かつ居宅での介護も困難な方

・原則要介護3以上(特例もある)

・または、要介護認定を受けている4064歳の方

介護老人保健施設

(老健)

・入院生活を送っていた高齢者が在宅復帰できるように、リハビリや医療ケア等を行う施設

・基本的に3~6ヵ月しか利用できない

・看護、医学的管理下における介護及び機能訓練などが必要な要介護高齢者

・原則65歳以上で要介護1以上の方

・または、要介護認定を受けている4064歳の方

※1…ケアマネージャーがその人の介護度に合わせたケアプラン作成し、介護保険を使ってケアプランに基づいた介護サービスを利用することができる

※2…身寄りのない高齢者や家族との同居が難しい高齢者が軽費(無料や安い負担額)で利用できる施設のこと

 

 

60歳未満で入居できる高齢者向けの施設を、まとめると以下のようになります。

 

60歳未満で入居できる高齢者向け施設
・高齢者向けマンション

 

60歳未満で介護認定を受けている方が入居できる高齢者向け施設
・介護付有料老人ホーム

・住宅型有料老人ホーム

 

40歳~64歳の特定疾病が認められ、なおかつ介護認定を受けている方が入居できる高齢者向け施設
・サービス付き高齢者向け住宅

・介護老人保健施設

・特別養護老人ホーム

 

ですが、それぞれの施設によって、年齢以外の条件(要介護・要支援認定)をクリアしないといけない場合があるので、詳しく見ていきましょう。

 

 

高齢者向けマンションは50歳以上から入居できる施設も

 

「高齢者向けマンション(シニアマンション)」も、年齢制限が施設ごとに異なります。

 

60歳以上だけでなく、50歳以上や55歳以上でも入居可能の施設があるので、気になった高齢者向けマンションがあれば確認してみましょう。

基本的には、自立し身の回りのことができる方向けの施設になっていますが、要介護の場合は相談すれば入居できることもあります。

 

 

有料老人ホームなら60歳未満でも入居できる施設も

 

「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」は、年齢制限が施設によって異なります。

 

60歳以上や65歳以上の年齢制限を設定している施設もあれば、

特に年齢制限を設けていない施設あり、老人ホームによって異なります。

ただし、ほとんどの施設で、60歳未満で介護認定の無い方の受け入れは、難しいようです。

民間が運営している老人ホームなら、年齢制限を設定している施設でも、交渉次第で入居できることもあります。

 

 

 

 

特定疾病がある60歳未満の方が入居できる施設は?

 

zzz

 

60歳未満の特定疾病の方が入居できる施設はあるのでしょうか。

 

「サービス付き高齢者向け住宅」「介護老人保健施設」「特別養護老人ホーム」なら、特定疾病を患っている方で、60歳未満の方でも入居できる場合があります

 

ですが、介護老人保健施設は在宅復帰が目的の施設なので、原則3~6ヵ月しか入居できず、長く暮らしたいと考えている方には不向きです。

 

また、特別養護老人ホームは、特定疾病が認められ、なおかつ要介護3以上でないと入居できません。

 

特定疾病がある方で、要支援1~2、要介護1~2の方は、介護度が低い方でも受け入れてくれるサービス付き高齢者向け住宅がおすすめです。

 

 

特定疾病で60歳未満の介護が必要な方は「サ高住」へ

 

「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)は、原則として60歳以上の方と年齢制限を設けている施設です。

 

ですが、特定疾病があり、なおかつ要介護認定または要支援認定を受けている方(二号被保険者)なら、40歳から59歳の方も入居できることがあります。

 

ただし、要介護が高くなると受け入れが難しくなる場合があります。

 

 

 

 

60歳未満で早期リタイアして老人ホームに入居したい方は?

 

zzz

 

定年を待たずに早期リタイアして、悠々自適な生活を老人ホームで送りたいと考える方もいらっしゃいます。

 

60歳以下で介護の必要がなく、自立した生活を送れる方は、「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「高齢者向けマンション(シニアマンション)」を探してみましょう。

 

最近では、温泉があるホテルのようなリゾート型などの老人ホームも増えています。

露天風呂やフィットネスジム、テニスコート、プールなどが設置されているところもあり、ご自身の趣味を楽しめます。

食事のサービスを受けながら、趣味やサークル活動などに打ち込め、理想的な老後を送ることができます。

 

ただし、早期入居する場合は、入居時に支払わなければならない費用が高齢者の方に比べて多くなる場合もありますので注意が必要です。

 

 

 

 

まとめ:60歳未満でも入れる老人ホームは探せばある!

 

多くの施設では年齢制限を60歳以上または65歳以上と設定しています。

 

ですが、60歳未満でも入居可能な老人ホームは探せば見つかります。

 

当サイトでは、一人では探せなかった老人ホームを見つけるためのお手伝いが可能です。

一度、あなたのお住まいの地域や希望を選択し、検索してみてください。

 

検索ページへ

 

それでも見つからない場合は、当社のシニアライフアドバイザーにお任せください。

 

お悩みなどをご相談していただければ、あなたのご希望に合った老人ホームをお探しいたします。

 

電話番号 0120-577-889 までご連絡ください。

 

 

65歳になるまで我慢せずに、自分のライフスタイルに合った老人ホームを一緒に見つけましょう。

 

  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
介護専門家が答えるQ&A