五所川原市の物件一覧

物件数 27

グループホームいこいの里 五所川原市
soon

家庭的な環境の中で、入浴、排泄、食事等の介護、世話をし、機能訓練を行うことにより入居者の能力に応じた自立ある生活をおくれるよう必要な援助を提供します。

共同生活の中で本人の能力に合った役割を持って頂き、活動の中から生きていく喜びを感じられるようにして行くことで、“いこいの場”を提供できるように努めております。

職員は認知症を理解し、尊厳をもって接し、介護計画に則りひとり一人のニーズに合わせ、本人の能力にあった役割をもたせることにより生活動作の維持回復に努め、自立ある生活ができるよう支援して行きます。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 7,000円
住所
青森県五所川原市相内222-1
交通
弘南バス 五所川原ー小泊線(相内北口下車徒歩2分)
グループホームさくら園 五所川原市
soon

・家庭的な雰囲気の環境の中で
 (1)少人数のゆったりケア(2)なじみのあるケア
 (3)喜びのあるケア
 (4)個人情報保護の徹底 を基本に専門性と愛情にあふれたサービスを提供している。
・常勤の看護師を配置し、医療連携体制をとっている。利用者が可能な限り継続して
 グループホームで生活を継続できるように、日常的な健康管理を行ったり、
 医療ニーズが必要となった場合、適切な対応がとれる等の体制を整備している。
・上田法を取り入れている他、離床援助、屋外散歩同行、家事の手伝い等により、
 生活機能の維持・改善に努めている。
・利用者の立場や特性に配慮した苦情申し立ての窓口を設置している。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 10,000円
住所
青森県五所川原市金木町川倉七夕野84-367
交通
津軽鉄道 芦野公園駅下車 車2分 弘南バス 五所川原中里経由小泊線 湯の川下車 徒歩5分
医療法人白生会 楓
soon

・入居者の状態に合わせた機能訓練、レクリェーション、家族合同遠足や近隣の保育所との交流会等の行事を提供しております。
・日常的にも充実した遊ビリ(裁縫・うた・学習等)日常生活リハビリなど 心豊かに暮らせるよう配慮しております。又、広大な敷地内 に牧場や庭園があり、四季を感じたり安心して散歩できる環境である。

認知症の状態にある方を家庭的な環境で共同生活を送ることで、認知症の状態を改善したり進行を緩やかにすることを目的とする。
生活のリズムは「ゆっくり」「一緒に」「楽しみながら」生活リハビリを行い、「手を出さず」「口を出さず」「目を離さない」を介護者は心がけている。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 0円
住所
青森県五所川原市大字金山竹崎230-1
交通
JR五所川原駅より弘南バスで松島小学校前下車徒歩約5分
グループホームひまわり 五所川原市
soon

利用者の能力に応じて自立した日常生活を営む事が出来るよう援助を行う。
地域の保健・医療・福祉サービスや家族と緊密な連携に努める。

日の流れは特に決まりが無く、それぞれの方がゆっくり過ごすことができます。
随時レクリエーションや行事を組み込んだり、音楽・手芸・書道・体操・ガーデニング等に参加頂き、その方の残存能力の活用を図ります。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 9,270円
住所
青森県五所川原市字一ツ谷510-23
交通
JR五能線五所川原駅より、徒歩10分
グループホームふくうら
soon

グループホームふくうらでは、家庭的環境の中で認知症の進行を穏やかにし、健康で明るい生活を送れるように支援すると共に、利用者様だけではなく、ご家族へのサポートも大切にしています。
また、ご家族、周辺地域の方々との交流を盛んにし、地域にとけ込んだ施設を目指しています。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 41,400円
住所
青森県五所川原市大字梅田福浦349-2
交通
弘南バス、青森線・横萢板柳線・高野線にて、広田バス停下車、徒歩5分。
グループホームこころ 五所川原市
soon

家庭的な環境で、個々の能力に応じ自立した生活が送れるよう援助します。
地域・家族との連携、保健・医療・福祉との連携に努めます。

やさしさ・笑顔を忘れず仲良く暮らせるホームを目指します。
地域の一員として、積極的に交流の場に参加して関わりをもつことを目指します。

認知症の状態にある方を家庭的な環境で共同生活を送ることで認知症の状態を改善したり、進行を緩やかにすることを目的としています。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 6,000円
住所
青森県五所川原市大字桜田鴻ノ巣431-1
交通
弘南バス桜田バス停留所下車 徒歩2分
グループホームあけぼの 五所川原市
soon

要介護者であって認知症の状態にある方を共同生活住居において、家庭的な環境の下で、入浴・排泄・食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援することを目的とする。

生活のリズムは「ゆっくり」「一緒に」「楽しみながら」生活リハビリを行い「手を出さず」「口を出さず」「目を離さない」を介護者は心掛けている。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 0円
住所
青森県五所川原市大字稲実開野177-20
交通
津軽鉄道五所川原駅より、車で10分 弘南バス二本柳停留所より、徒歩5分
グループホーム毘沙門
soon

高齢者の人権を守り、安心して利用出来、また利用者の声が反映される事業所といたします。戸別訪問によって家族共々当事業所の事前説明を行い利用者の理解を得ます。

家庭的な雰囲気でかつ専門的な介護をします

入居者の要介護状態、認知症状態の軽減または悪化防止に資するよう、心身の状態を把握し、本人の残存機能向上を目指す介護を提供します。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 5,000円
住所
青森県五所川原市大字毘沙門上熊石113-18
交通
津軽鉄道、毘沙門駅、徒歩1分ほど
グループホームひまわり2
soon

利用者の有する能力に応じて自立した日常生活ができるよう支援していきます。地域の保健・医療・福祉サービスや家庭と緊密な連携に努めます

お一人のペースを大切にし、心身の状況に応じた穏やかな居心地の良い生活を送って頂きます。年間行事を計画し、ドライブや外食を行っています。

利用者一人一ひとりが有する能力に応じ自立した生活ができるよう支援していきます。また、連携医院の医師の指導のもと、生活の見直しや機能・作業訓練を取り入れるなどし介護度進行の予防に努めます。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 9,270円
住所
青森県五所川原市字一ツ谷510-23
交通
JR五能線五所川原駅より徒歩10分 車なら5分
グループホームすこやか  五所川原市
soon

家庭的な環境と住み慣れた地域の中で地域住民との交流の下で介護及び機能訓練その他必要な日常生活上の世話を行う事により本人の有する能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来る様支援します。

食事が季節の物使用。利用者が食事の下準備する事。毎日お天気の良い日は園外散歩する事。毎月楽しみ会(行事がある事)。ショッピング。

家庭的環境と住み慣れた地域の中で地域住民との交流の下機能訓練その他必要な日常生活上の世話を行う事により介護度進行の予防に務める。

入居費用
  • 入居費用 0円
  • 月額費用 5,000円
住所
青森県五所川原市金木町芦野84-441
交通
津軽鉄道金木駅より徒歩10分、車で5分
  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
シニアライフアドバイザーが答えるQ&A
  • 希望のリハビリができる老人ホームの選び方

    「リハビリができる老人ホームはないの?」 「回復期リハビリ病棟の退院期日までに老人ホームを探したい。」 父親や母親が倒れ、リハビリが必要になった時、在宅ではとても親の面倒が見られない…とお困りの...

  • 生活保護でも入れる老人ホームはあるの?

    「認知症の母が生活保護を受けているのですが、老人ホームに入れるでしょうか」 老人ホームを探されているN様のご家族様が、たいへんお困りの様子で当社にご相談してくださいました。 2016年の厚生労働省の...

  • 【認知症の正しい接し方】間違った接し方は症状を悪化させることも

    ご家族に認知症の方がいたら、これらのような不安を感じる時はありませんか? 「お母さん、前はこんな性格じゃなかったのに…」 「何を言っても理解してもらえない…どうすればいいの?」 お母さまや...

  • 生活援助が頻回のケアプランの届け出が義務化。影響や詳細を説明します!

    平成30年10月から、生活援助が頻回のケアプランについては、市区町村に届け出るように義務化されます。 訪問介護のサービスである「生活援助」。利用している人も多くいますが、今回の義務化で利用者に何か影響は...

  • 【ご入居事例紹介】お父様の施設選び  

    Aさん(85歳男性、要介護3)は娘様夫婦の近くに住んでいました。 週3回デイサービスに行くのが日課で、特にカラオケが大好きでいつも一番に歌っていたそうです。 ある日、Aさんがお味噌汁を作ろうとしたら手に...