• HOME
  • 老人ホーム施設選びのポイント

立地について

有料老人ホームへ入居する際に立地条件は重要なポイントです。
都会、郊外、田舎、さらには、住み慣れた町に近い、家族が住む街に近い、この5つに大別できるといえます。

それぞれのメリットがデメリットになる場合もありますから、入居される方が望まれる暮らしを最優先に、立地条件を考えることが大切です。
このとき注意すべきなのは、今現在健康であるときと介護が必要になったときでは、価値観や物事の考え方に変化が現れる可能性があることです。
10年、20年先の生活を想定したり、訪問する家族の意見も考慮してご検討ください。

設備について

最近は、駅近の有料老人ホームも人気です!家族が通いやすいなどの利点があります。 有料老人ホームの設備は、入居される方の生活スタイルによって、必要となるものもさまざまです。 もし将来介護が必要になったとき、どのような設備でどのようなサービスを受けられるのか、ということを確認するのも大切です。ただし、たくさんの設備がある施設ほど費用も高額になります。まずは希望する設備をあげて、ご予算と合わせて検討しましょう。

  • 居室
    トイレ、お風呂、洗面、収納スペース、キッチン、テレビ・エアコン、ナースコール 他
  • 共用設備
    浴室、医務室、理美容室、エレベーター、食堂、談話室・和室・茶室、ガーデニング 他
  • 介護設備
    一時介護室、リハビリテーションルーム、介護用浴室 他

医療制度について

医療機関ではない有料老人ホームでは医療行為を受けることはできませんが、有料老人ホームには必ず提携医療機関があり、入居者の健康管理や緊急時の医療対応などをしています。そこで、提携、連携する病院に、自身の必要とする診療科があるかどうか、必要な診療科がない場合はどのように対応して貰えるかなどを確認する必要があります。
また毎日の健康をサポートする看護士のことも忘れてはいけません。

  • 提携医療機関
    • ・緊急時の医療体制は
    • ・夜間や休日の対応は
    • ・対応できる診療科目は何か
    • ・対応できない診療科目がある場合は?
    • ・提携医療機関までの距離(所要時間)は
  • ホーム内の対応
    • ・居室の緊急通報システムの 設置場所は
    • ・夜間や休日の対応について
    • ・入院が必要となった時、どれだけの対応をしてもらえるのか
  • その他
    • ・健康診断は年何回?
    • ・往診可能な診療科目は?
    • ・日常の健康管理は?

食事について

食事は生活を豊かにする重大な要素です。
パンフレットの華やかな写真に目を取られずに、以下の事柄を確認してください。

  • ・毎日の食事は食堂でいただくのか
  • ・併設レストランを利用するのか
  • ・濃い、薄い、固い、柔らかいといった、味の好みは反映されるのか
  • ・メニューの選択はできるのか
  • ・量の調整はできるのか
  • ・嫌いな食材は避けてくれるのか
  • ・アレルギーのある食材は避けてくれるのか
  • ・介護食、治療食に変更できるのか
  • ・食事は個室でも取れるのか
  • ・来客用食事は提供してくれるのか
  • ・食事の予約、取り消しのタイミングは?

上記の有無のほか、可能であるなら別途料金は発生するのか、発生するならいくらなのか。
苦情内容でもっとも多いのが、「食事がおいしくない」です。
生きていく上で一番大切なお食事。体験入居の際には必ず食事がおいしいかチェックしましょう。

スタッフ、施設長について

入居者がホームで楽しく過ごせるかは、設備やサービスのほかに、スタッフの表情、対応があります。初めてホームを訪れたときに、笑顔できちんと挨拶をしていたでしょうか?スタッフ一人ひとりの笑顔が、ホームの雰囲気を作るといっても過言ではありません。

それと、ホーム運営の責任者であり、スタッフの上司である施設長の人柄も大切です。スタッフが気持ちのよい笑顔で対応できるか否かは、施設長にも大きく関係します。介護に対する考え方や入居者に対する考え方、接し方などといった介護理念をスタッフにどう浸透させているのか、スタッフのレベルアップのために行っていること、スタッフに対する思いやりなど、見学や体験入居の際に、直接施設長に聞いて見てください。
会話をすることで、施設長の人柄、考え方に触れることができるはずです。ホーム選びの材料のひとつにしましょう。

集団生活について

有料老人ホームに入居すると、たとえ居室が個室であっても、たくさんの入居者との集団生活を行うことになります。
なかには、一人暮らしが長く集団生活には馴染めない、社交的ではない、など集団生活が苦手な方もいらっしゃるでしょう。
また、集団生活では、人間関係でのトラブルは多かれ少なかれ存在するものです。
今まで起きたトラブルの内容やトラブルに対するスタッフの対応など、事前に確認しておくことも大切です。
ただし、何十年と異なる生活をしてきた人々と一緒に住むのですから、気の合う人、合わない人がいるのは当然のことです。
自分の考えとは違っても受け入れられるよう心にゆとりを持ち、できるだけ多くの付き合いを大切にしようとする姿勢が必要になることを心に留めておきましょう。

入居者様について

ホームでの暮らしを、毎日楽しく有意義なものにするには、設備やスタッフの対応も大切ですが、一緒に生活する入居者たちの姿も大切なポイントとなります。
先に入居されている高齢者の表情はイキイキしていますか?暗かったり、楽しくなさそうなホームは、おすすめできません。
この点はパンフレットやスタッフ側の説明では本当のことはわかりません。
見学、体験入居の際は、設備や費用のことだけでなく、入居者たちの表情を必ずチェックしてください。

情報公開・経営状態について

契約はホームと入居者になります。信頼できるホームを選ぶためにも、どれだけ多くの情報を開示しているかは重要なポイントです。
社会福祉法人や行政などの公益法人や公的機関が運営する福祉施設である特別養護老人ホームでは、倒産のリスクがありませんが、
民間経営が主な有料老人ホームでは、当然倒産の危機に直面することがあります。
上場している企業であれば、決算書などは公開されていますし、非上場企業の場合でも入居希望者から請求があった場合は、公開するのが望ましいありかたです。資金繰りが厳しい運営事業者では、入居後にサービスの質が落ちる可能性もありますし、倒産などということになれば、一気に状況は変わってしまうので、経営状態を確認することが重要です。

例えば、実際に暮らす入居者の声を吸い上げる運営懇談会が設けられているのか、入居後も家族へ情報を提供しているのかなど、情報公開の場を多く持つホームは、信用できるといっていいでしょう。

見学、体験入居といった体感することとは別に以下の資料を集め、できる限りの情報を集めることが必要です。
決算書や財務諸表等が開示されていれば大きな指標になります。

  • ・入居契約書
  • ・管理規定
  • ・重要事項説明書
  • ・介護サービス等の一覧表
  • ・特定施設利用契約書
  • ・詳細なサービス料金表
  • ・決算書、損益計算書、貸借対照表を含む、財務諸表等一覧
  • 施設入居お決まりの方に… 最大20万円プレゼント!当紹介サイトのメールフォーム・
お電話にてお問い合わせください。それ以外の窓口からお問い合わせ、ご見学された方は対象外となります。契約内容に応じて、支度金の額が変動いたします。支度金対象施設へご入居の方のみに限らせていただきます。
  • 初めての高齢者施設ガイド
  • いいケアネットの取組み
  • 掲載・集客をお考えの事業者様へ
  • 採用情報
  • 介護事業の新規出店をご検討の事業者の皆様へ
シニアライフアドバイザーが答えるQ&A